お得情報
今月いっぱい(~4/30)までキャンペーン中です。
入会金10,800円➝0円

詳細はこちらから➝http://surala.jp

すららが悪評?最悪?そんな噂を実際に使った経験から探ってみます

すららが悪評?最悪?そんな噂を実際に使った経験から探ってみます すらら基礎知識

すらら悪評すらら最悪などの評判を耳にしますので、ウチの子供(中学生)が高校受験に使った経験から本当のところをお話ししていこうと思います。

  • すららは悪評があるので辞めておいた方がいいの‥?
  • すららが最悪といわれるのはどの部分‥?

こうした評判を耳にすれば、安心して使うことはできませんよね。

そんな疑問を解消できればと思いますので、実際に利用したウチの口コミを参考になさってみてください。

すららの悪評って本当なのか?

すららの悪評って本当なのか?

すららに悪評があると耳にしてから、口コミ情報を調べてみました。

あまり詳しく情報を掲載するとプライバシーの問題が出てきますので、かいつまんで悪評の要点をピックアップしてみます。

すららが悪評な口コミ

  • アニメーションが子供っぽくて中学生向きではない。
  • レスポンスが遅いときがあってイライラする。
  • 費用がけっこう高い。

私が見た限りですが、だいたいこの3つが悪評になっているようです。

それぞれの問題について私の見解を述べていこうと思います。

アニメーションが子供っぽくて中学生向きではない

通信教育すららを無料体験された経験があればおわかりのように、映像授業などすべてにおいてアニメーションによる学習方法がとられています。

確かに一見すると幼稚っぽく、私の家庭でも取り組む前は気になっていました。

この問題について私が感じることは‥

実際にすららを一通りされた方の口コミか?

そんなことを感じるわけです。

しっかりと取り組んでみて全ての機能を使うとわかるのですが、アニメーションだからこそのメリットの方がはるかに多きく決して見た目だけで判断をしてはいけないということ。

つまり好き嫌いという部分だけの、精神論によるものが大きいと私は思います。

そもそもこの教材というのは”次世代型アニメーション授業”というスタイルによって構成されており、アニメーションによる自由度の高さがあることでより理解を深めようという構想で作成されています。

たとえばこの動画をご覧ください。

映像授業の様子ですが、後半にはアニメーションがうまく取り入れられているのがわかります。

実際にうちの子供もアニメーションによる自由度の高さによって、今まで理解できなかった部分を解消することに役立てることができました。(あくまでウチの例です)

 

もしこれが黒板の授業であれば‥?

そんなふうに考えてみると良く分かると思います。

すらら 悪評

黒板に書いた文字や図形は動くことがないため理解できない場合も多く、実際にうちの子供もすららを始めるまで、あまり成績が良くなかった理由の大きな1つがそれでした。

それがアニメーションになることによって、黒板の中で”動き”が出るわけです。

したがって私も初めは”アニメーションなので幼稚っぽい”と思っていましたが、実際にはまったくそんな事もなく高校受験が近づくにつれてこのスタイルがもつ意味をよく理解することができました。

 

すららってこんな教材なんです。

これは実際にすららが導入されてた学校の授業風景ですが、われわれ一般人が手に入る通信教育でこんなふうに学校などで使われることはないはずです。

それが10や20ではなく、数百という学校が導入をしています。またこのように文部科学大臣賞を受賞していることもあると思います。

すらら 悪評

このように使われていますのでぜひお確かめください。
札幌新陽高校などが使うe-ラーニング教材「すらら」の効果を探る

つまりこの教材は「目的があってのアニメーション」ということ。

見た目は幼稚っぽい印象がするものですが、実際にはそれによって大きな勉強効果をもたらしてくれる他の通信教育をしのぐほど理解しやすい教材と私は感じます。

レスポンスが遅いときがあってイライラする

すららはプラットフォームが重いせいか、レスポンスはあまりよくありません。

確かにウチでもレスポンスが遅いと感じるときがあって、けっこう内容がしっかりと詰め込まれた通信教育なんだと感じていたのは事実です。

しかし「内容がしっかりと詰まっている」のがこの教材。

レスポンスが遅いのが”悪”ではなく、それだけ私たちにとって多くの情報を提供しているということかと私は感じながら利用していました。

したがって確かにレスポンスは決して良くはありませんが、耐えられないほどではない。

それであればトータル面からすれば逆にコスパの良い教材であり、そのおかげもあって実際にしっかりと中身の濃い勉強ができたこともワンランク上の高校進学ができたのも事実です。

すらら 悪評

さらにレスポンスがイマイチというのは、教材側だけの問題ではありません。

使用しているパソコンやタブレットの性能によっても大きく左右されますし、またプロバイダーとの契約内容によるところが大きいものです。

したがってこのレスポンスに関する悪評というのは、気にする部分ではないといえます。

費用がけっこう高い

すららの費用については、私も決して安くないと思います。

小学・中学生コースで月8,000円なので、ほかの通信教育と比較したらやや割高。

Z会や進研ゼミもすららと比較しましたが、それぞれ月5~6,000円くらい。

しかし割高な分だけ、このようなメリットが感じられました。

  • 映像授業の質が根本的に高い。(つまずき解消に直結する)
  • 3種類のテスト機能や、オンライン全国実力テストなどがある。
  • 内容を自由に作成できるテスト機能がある。
  • 特許をとっているつまずき防止システムによって苦手が分かりやすい。
  • 塾講師がオンラインでサポートをしてくれる。

など、教材を比較した結果すららには多くのメリットがあることがわかりました。

確かにネームバリューはほかの教材のほうが大きかったのですが、それよりもこっちは高校進学に必要な内容であることのほうがよほど大切。

その結果すららにしたのですが、合格発表の時には判断が正解だったと実感できました。

すらら 悪評

したがってやや費用は高めなものの、金額だけで考えるのはいかがなものかと。

もし少しでも費用が安いほうが良ければすららはおすすめしません。

それよりも高校進学に向けて確かな教材を、という事であればウチは声を大にしておすすめしたい通信教育だと実感しています。

そもそも学習塾へ通わせると1教科2万円くらいの費用がかかるため、それを考えたら通信教育はどれでも格安だと思います。

すららが悪評の噂まとめ

すららが悪評の噂まとめ

すららの悪評をまとめるとこうなります。

・アニメーションが子供っぽくて中学生向きではない
➝アニメーションによるメリットの方が大きい。

・レスポンスが遅いときがあってイライラする
➝それだけ中身が濃い。使用機材の問題もある。

・費用がけっこう高い
➝内容面からすればコスパが高い。塾を考えたらはるかに安い。

すららが悪評である、という口コミには疑問があります。

私としては、本当に使ってみてそんな声を発しているのだろうか?と。

この教材でダメだったら、たぶんほかにどんな通信教育を使ってもダメだと思います。

それくらい全ての面において優秀な教材だと実感できましたし、また高校進学に向けて本当の意味でつまづきを解消できる内容だと感じることができました。

すらら 悪評

すららをお選びになるかどうかは別として、私はそんな悪評が真実とは到底思えません。

もし悪評が気になって迷っていらっしゃれば、この記事でお伝えしたように”表面的”な部分が多いというのが私の実感ですので参考になさってみてください。

しっかりと中身まで探ってみて”真実”を見つめてお考えください。

 

うちの結果は‥

すららの体験口コミレビュー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました