通信教育すららで高校受験に合格できるか?偏差値はどれくらいまで対応可能?

すらら基礎知識

通信教育すららの口コミ体験レビューです。

通信教育「すらら」の体験で、果たして高校受験に合格できるだけの力をつけることができるか?

また偏差値的にどれくらいまで対応できる教材なの?

このあたりに焦点を絞って、今までの体験から詳しくお伝えします。

すららで高校受験合格は可能?

すらら 体験

結論からいえば、すららで高校受験合格は十分に目指せます。

とはいっても志望校が超難関校や地元トップ校であれば、やや物足りないかもしれません。

なぜなら授業の中に「応用」の要素がそこまで多くないから。

 

すららの映像授業というのは、いたって説明がわかりやすく「基礎」が身につけやすい!

それだけ「基礎」についてはしっかりと教えてくれるので、なかなか確実に基礎力が身につきます。

しかし「応用」となると、そこはやはり映像授業。

すらら 体験

学習塾のようにその場で質問することができないため、すこしじれったさがあるんですね。

悩んだときにスパッ!と聞くことができない。

そのため基礎はバツグンだけど、応用となるともう1つ‥というのがすららの授業です。

 

しかしそうはいってみても、その辺の通信教育と比べても映像授業のレベルが高すぎる!

とにかくわかりやすい説明で、しかも少しずつ「わかる」を繰り返すスタイル。

この授業で理解できなければ何をやってもムリですね。

とくに公立高校であれば「基礎力」が重要になるので、この授業でかなりいい線まで勉強ができます。

したがってすららを高校受験に使うというのは、そのへんの通信教育よりもおすすめ。

うちの子供も成績に変化が見られるので、けっこういいと思いますよ。

すららで高校受験!対応できる偏差値は?

すらら 体験

対応できる偏差値は、ハッキリ言えばMAX60くらいまで。

どうしても超難関校クラスの応用には対応できないので、偏差値60以上であれば塾のほうがおすすめ。

しかしそこまでならバツグンに効果を実感できるはず。

 

とにかく基礎力を身につけるには最適な通信教育なので、普通校あたりの偏差値であればすららに従っておけばけっこう確実な勉強ができますね。

映像授業を片っぱしから見て理解する、大中小のテストで実力を身につける。

すらら 体験

これを繰り返していれば、偏差値50以上は突破できるのでは?と本当に思います。

うちの子供も偏差値40辺りだったのが、いまではけっこうな学力が身についているので。

したがって偏差値的にいえば、60までなら誰でも可能。

基礎力とそこそこの応用力を勉強することのできる通信教育です。

すららは高校受験勉強におすすめ?

すらら 体験

すららが高校受験勉強におすすめかといえば、うちの答えは「おすすめ」です。

中学1年生で偏差値30だったとしても、すららを続ければ中学3年生で偏差値60はぜんぜん夢ではないと思います。

ただししっかりと授業を見てインプットして、テストでアウトプットすることが大切。

当たり前だけど、子供の「やる気」次第でいけるはずです。

 

また高校受験におすすめという理由は、通塾時間を有意義に使えるため。

通信教育なので通塾する手間もかからず、その分だけ多くの勉強に取り組める。

遊んでしまえばそれまでですが、時間の有効活用と考えればかなり有利に高校受験勉強をすすめることができます。

通塾に費やす時間というのも、けっこうバカになりませんから。

 

それに学校の授業で理解できない、というときにもいいですね。

映像授業を一度やってみるとわかりますが、本当に教え方がウマいのと「わかる」が繰り返される進み方になっているので。

勉強と時間の2つから考えても、間違いなくすららは高校受験勉強におすすめ。

ついでに学習塾より費用も安いですし。

すららで高校受験勉強、っていうのもいいかもしれませんよ。

ついでに英検対策と数検対策っていう内申点に響くカリキュラムも入っていますので。

 

我が家のすらら体験談

すらら 体験

すらら口コミ体験レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました