※当サイトは一部「PR」を含みます。

【5月の期間限定】
すららキャンペーン今月いっぱい
入会金10,000円 →「0円」キャンペーン中です。
新学期スタートから「無学年式」でしっかり取り組めます!

✅ 詳しくは➝ https://surala.jp/

 

通信教育すららの目標設定について徹底解説!より効果的な進め方も

通信教育すららの目標設定について徹底解説!より効果的な進め方も

すららで子供に高校受験させた清水です。今回は「通信教育すららの目標設定

機能について詳しく知りたい!」という疑問を解消します。

次のような疑問をもつ家庭へおすすめの内容です。

  • すららを利用して子供の学習を効果的に管理したい
  • 子供の学習目標をすららを通じて明確に設定したい
  • すららの目標設定機能を活用して子供の学習意欲を高めたい

SHIMIZU

通信教育の中でも、目標設定は勉強のカギを握る重要なステップです。

その中でも、通信教育すららは「目標設定」に特化した機能を提供しています。本記事では通信教育すららの目標設定機能を徹底解説し、より効果的な進め方を紹介します。

子供が自らの目標を明確にし、効率的に学習を進めるための秘訣を探ってみましょう!

すららで目標設定のやり方

すららで目標設定のやり方

すららの「目標設定」について詳しく解説いたします。

すららの目標設定は、子供が学習を始める前に行う重要なステップです。これは学習の道しるべとなり、子供がどのように学習を進めていくべきかを明確にするためのものです。

すららで目標設定のやり方について

すららで目標設定のやり方について

すららのラーニングデザイナー

具体的な手順は以下の通りです。

  • ラーニングデザイナーのメニューを開く
    まずは、すららのラーニングデザイナーのメニューを開きます。
  • 学習範囲を選ぶ
    次に、子供が学習したい範囲を選びます。これはどの教科や単元を重点的に学習したいかによります。
  • 目標期限を設定
    最後に、子供の目標を達成するための期限を設定します。これは、子供がどのくらいの期間で目標を達成したいかによります。

すららの目標設定における特徴

すららの目標設定における特徴

SHIMIZU

すららの管理機能を使えば「何を学習するのか」「どこまでやるのか」といった目標設定をするだけでなく、目標の達成状況やその他の学習状況を、リアルタイムで詳細に把握することができます。これにより子供に最適な学習を設計、管理することが可能になります。

現在の目標に対して何%の進捗率か、レクチャーをどのくらいの時間学習したか、ドリルの正答率は何%で解いたスピードは全国平均と比較してどの程度か、つまずき診断は出ていないかなど、すららが集計したデータを一目で把握することが出来ます。

さらに「ラーニングデザイナー」という機能を使えば「何を学習するのか」「どこまでやるのか」といった目標設定を、子供の学習画面からも、先生(すららコーチ)の学習管理画面からも簡単に立てることができます。

保護者用の管理画面ではログイン、学習時間、クリアした単元数が確認できるため、子供の努力が細かくわかります。すららコーチからも毎週、子供の学習内容を報告してくれます。

その中には褒めるポイントも添えてあるので、子供とのコミュニケーションに役立ちます。

すららの目標設定をより効果アップする進め方

すららの目標設定をより効果アップする進め方

すららの目標設定についての詳しい解説は以下の通りです。

  • 目標設定をする
    まず、最初に自分の目標を設定します。すららには便利な管理機能があり、これで個別に自分の目標設定を行うことが出来ます。
  • すららのレクチャー動画を視聴する
    すららのレクチャー動画は対話式になっていて、それをみながら進めると一つ一つの課題を確認しながら学習をすすめることが出来るようになっています。
  • すららのドリルで勉強
    すららのレクチャー動画でしっかり理解出来たかどうかをドリルで確認。一度自分で問題を解いていくことで自分が本当に理解できたのかを確認することが出来ます。
  • すららのテスト・まとめプリントで苦手ポイントを診断
    すららのテスト機能は3種類あり、小テスト、定期テスト対策、学力診断テストとあります。学年があがるにつれ、より効率的に学習をすることができます。

以上が、すららの目標設定をより効果的に進めるポイントです。これらのステップを踏むことで目標設定機能をより活かし、学習を効果アップさせることができます。

すららの目標設定機能が優秀といえるポイント

すららの目標設定機能が優秀といえるポイント

すららの目標設定機能は、以下のような強みを持っています。

  • リアルタイムでの詳細な学習状況の把握
    すららの管理機能を使えば「何を学習するのか」「どこまでやるのか」といった目標設定をするだけでなく目標の達成状況やその他の学習状況を、リアルタイムで詳細に把握することができます。
  • 学習履歴の分析と学習設計
    すららの管理機能では、子供の目標達成状況やその他の学習状況を、保護者用の学習管理画面で詳細に把握することができます。
  • 「ラーニングデザイナー」機能
    「何を学習するのか」「どこまでやるのか」といった目標設定を、生徒の学習画面からも、先生の学習管理画面からも、簡単に立てることができます。
  • 質問機能とアナウンス機能
    生徒がわからない演習問題には質問できる機能を用意しており、担当の先生から回答できるようになっています。また、すららのアナウンス機能を使って、リアルタイムにメッセージを送ることができます。
  • 保護者用管理画面
    保護者用の管理画面ではログイン、学習時間、クリアした単元数で確認できます。これがあれば勉強した際に褒める親子のコミュニケーションがしやすくなります。

SHIMIZU

これらの機能は、生徒自身や先生が目標を立てて着実に学習を進め、先生や保護者が生徒の進捗状況を管理していくための充実した機能となっています。

これらの強みにより、すららは他の通信教育サービスと比較しても優秀な目標設定機能を持っていると言えます。

ほかに目標設定機能をもつ通信教育サービス

ほかに目標設定機能をもつ通信教育サービス

中学生向けの通信教育サービスで目標設定機能を持つものとして、以下のようなサービスがあります。

スマイルゼミの目標設定機能

スマイルゼミは、理解度に合わせて個別でテスト問題を生成してくれる「オーダーメイド型学習」を提供しています。また、学校の成績や定期テストに特化した教材を提供しており、学習履歴や理解度に応じた自分だけの定期テスト対策カリキュラムを作成することができます。

スマイルゼミもすららと同じように、学習履歴や理解度に応じた、自分だけの定期テスト対策カリキュラムを作成することができます。しかし、すららのようにリアルタイムで詳細な学習状況を把握する機能や、質問対応機能は提供していません。

参考:通信教育すららとスマイルゼミ中学講座を6項目で徹底比較レビュー!

進研ゼミの目標設定機能

進研ゼミは、AIの学習データ分析やオンラインライブ授業、赤ペン先生の添削などを活用でき、効率よく個人のニガテ分野をつぶせます。また、志望校合格ラインからレベルを自動調整する機能もあります。

進研ゼミもAIの学習データ分析やオンラインライブ授業、赤ペン先生の添削などを活用でき、効率よく個人のニガテ分野をつぶせます。しかし、すららのようにリアルタイムで詳細な学習状況を把握する機能や、質問対応機能、保護者用管理画面は提供していません。

参考:通信教育すららと進研ゼミ(ベネッセ)を6つの項目で徹底比較してみた!

サブスタの目標設定機能

サブスタは、プロの学習アドバイザーが一人ひとりに合わせた学習計画を作成し、中学生が自分の理解度に合わせて学習を進めることができます。すららの目標設定機能に備わる強みは、サブスタには備わっていません。

参考:【実体験から解説】すらら・サブスタの違いを10項目で徹底比較!

これらのサービスは、それぞれ異なる特徴と強みを持っていますので、

お子さんの学習スタイルや目標に合わせて選んでみてください。

まとめ

SHIMIZU

本記事では、通信教育すららを使った目標設定の重要性と効果的な進め方について解説しました。

すららの目標設定機能を活用することで、子供の学習をより効率的に管理し、目標達成に向けて着実に進めることができます。

ぜひ、すららを活用して子供の学習環境を整え、目標達成に向けて一歩踏み出してみてください!

私たちの実体験レビューはこちら。

textbook-compliant

→ 【我が家の体験談】すららの口コミレビュー

タイトルとURLをコピーしました