すららで数学が理解できる?とある分野がめっちゃわかりやすい!

すらら 体験 基礎知識

すららで数学が理解できる?については、かなり深く理解ができる教材です。とある分野というのは「図形分野」のことで動画によって理屈をわかりやすく学ぶことができます。

さらに「すららの数学」について私たちの経験から詳しく解説をしていきます。

すららで数学が理解できるようになった理由

うちは子供が中学2年生になったことで、いよいよ高校受験に向けて本格的に動き始めないと‥ということから通信教育すららを始めることにしました。

すらら数学

もちろん塾に通うことも考えましたが‥

何といっても通信教育なら自宅でできる勉強方法なので、通わなくて済むことで時間効率がいいんじゃないかと思ったんです。

でも実際に始めてみると、友達は忙しそうに塾へ通う中でうちの子は直帰。

想像はしていましたが、実際に時間効率がめっちゃよくて便利さを実感できています。

 

あとはこれで学力が身についてくれれば御の字なんだけど‥

なんて思っていたところ、とくに数学が理解できるようになったんです。

数学と言っても範囲が広いですが、うちの子は図形が分かるようになりました。

すらら数学

ほかの単元も少しずつ理解できているようですが、とくに図形ですね。

図形って中学1年で習うのですが、うちの子はめっぽう弱い!

どうも立体の3次元の感覚について、奥行きが理解できないようなんです。

 

うちでも積み木などを引っ張り出して教えたりしましたが、よほど透明な積み木などじゃないとなかなか理解できないみたいなんですね。

もしできれば面と辺がバラバラになってくれれば‥なんていう始末で。

そんなこんな言ってるうちにすららを始めたのですが‥

いざ数学の勉強をしてみると、苦手だった図形の理屈がなんとなく理解できるようになってきたんです。

 

何で理解でき始めたんだろう‥?

と思って勉強しているところを覗いてみたら‥

わかった!授業の中で立体図形が動いたりしているから。

すらら数学

そういえば自分が子供のころも、理屈が分かるまでに時間がかかったような気がします。

そんなすららの数学について、もう少し詳しくすららの体験口コミをお伝えします。

すららの数学はどんな勉強ができる?

すらら数学

図形が理解できるようになったすららの体験口コミですが、すららの数学はほかにどんな勉強ができるのか?

もしこれからすららを始めようか迷っているのであれば、かなり気になるところですよね。

画像をキャプチャしながらお伝えしてみますので。

 

まずすららの体験口コミでは、すらら 数学には種類があって‥

「スタンダード」「数学検定」「SPI対策」の3コースがあります。

すらら数学

  • 「スタンダード」‥普通の数学が勉強できる。すべての単元が入っている。
  • 「数学検定」‥英検の数学版に向けた勉強ができる。
  • 「SPI対策」‥これは少し特殊なので説明します。
SPIってあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、最近とくに就職などの場面でSPI問題というのが使われています。短時間に多くの問題が出題されて、早くかつ正確に解くことの問われる問題です。

どっちかというと適性を調べるようなテストになりますが、さらにそれを細かく性格などまで見抜かれてしまうといったある意味恐ろしいテストです。

短時間で早く解くことによって、間違った箇所や飛ばした問題などから性格がわかるんだそうです。私はやったことないのですが、これからの時代はこういうテストが主流になっていくと聞いています。

とまあこんな感じの対策をしていきましょう、というコースがすららの体験口コミ「SPI対策」です。

すらら数学

時間にすると32時間で構成されているカリキュラムです。

中身をチラッとのぞいてみるとこんな感じです。

すらら数学

ズラッと単元が並んでいますが、全て映像授業で構成されています。

中学生にとっては少しレベルが高いなと思いますが、これは考えようによっては高校入試に対してもけっこう便利な勉強になると思います。

 

というわけで「SPI対策」を先にお伝えしましたが、通常の勉強はこんな感じです。

すらら数学

中学生で習う単元がズラ~っと並んでいます。

大きく分けると「代数」「関数」「図形」の3つの島からなっているのが分かります。

中学生の数学ってこの3つで構成されていたんだと、今になって分かりました。

矢印がついていますが、これは勉強していく順番です。

この順番に進めていけば、中学の範囲がすべて勉強できるようになっています。

 

この単元の中でも、うちの子が苦手を克服できたのが空間図形です。

すらら 数学

実際に授業を始めると、ひとつ前の復習から始まります。

これは次に勉強を始めるときに、けっこう子供に良さそうなんですね。

地味に見えますが、やっぱり復習があるとないとでは頭に残るかどうかが違います。

 

復習が終わると本題に入っていきますが、うちの子がとくに理解が進んだのがコレ。

すらら数学

ここでは静止画になりますが、実際は動いて理屈が理解できるようになっています。

こうして図形が動いてくれると、奥行きなどがわかりやすいすららの体験口コミです。

そして講師の説明があるので、もしかすると学校の授業よりわかりやすいかも‥です。

 

で、この講師の説明っていうのが、めっちゃわかりやすいんですよ。

すらら数学

たとえばこの場面で「円」のところを見てください。

学校の授業でも、たぶんこんな感じに黒板に書かれると思います。

 

ここで先生が「円」についてどんな説明をするか?っていうのを考えるとどうでしょうか。

  • たぶん「円を切ると断面も円になる」という説明だと思うんですね。
  • それがすららの授業では‥「円はどこを切っても必ず円になる」と説明するんです。

違いが分かりやすいように、もういちど並べて比べてみます。

▲ 円を切ると、断面も円になる

◎ 円はどこを切っても、断面は必ず円になる

どうですか?この違いわかりますか?

私がすららの授業がいいと思っているのは、こういうわかりやすい説明なんです。

これは数学だけに限らず、ほかの教科でもこんな授業が行われています。

 

すららの説明って頭に定着するんですよ。曖昧さがないというか。

言い過ぎかもしれませんが、こんな授業をたぶん神授業って呼ぶんだと思います。

この授業を聞いてみるだけでも価値があるので、すららの体験口コミを無料体験などで試してみられるといいです。

うちも良い授業を共有できるのなら、それだけでも嬉しい気がするので。

こんな感じですららは授業がいいので、うちも親子そろってファンになっています。

すららで数学を勉強するのは価値があるかどうか?

すらら数学

ここまでお伝えしてきて、すらら 数学はとにかく授業が良いことだけは伝えたいです。

「SPI対策」や「数学検定」などが勉強できるのも価値はありますが、それよりもとにかく授業の良さが伝われば‥と思います。

うちの子供のように図形でつまずいているのなら、すらら 数学をやってみて欲しいですね。

たぶんこのすらら 数学の授業で、図形の理屈が分かるようになるはずですので。

ほかにもスマートプロケッターという作図機能もいいですね。

 

でも図形に限らず、ほかの単元もわかりやすい説明でいいと思いますよ。

さっきも言ったように、すらら 数学では「ここはこうだ!」っていう説明をしてくれますから。

子供の迷いがなくなるというか、余計なことを考えなくて済むというか。

 

おかげでうちの子供も、少しずつですがテストで点数を取れるようになってきています。

こんなわかりやすいすららの体験口コミって、ほかのネット塾ではないと思います。

うちもいろいろなネット塾を試してみましたが、講師の説明する内容が違います。

数学に限らず、すららはやってみる価値は十分にある教材です。

自分

我が家のすらら体験談

すらら 体験

すららの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました