すららで出席扱い!?不登校の子供でも学校に行ったことになる施策って?

基礎知識

すららで中学校を出席扱いになれるのが文部科学省の施策で、不登校でもすららを使って家庭学習をすることで出席扱いになる可能性がかなり高くなります。

すららで出席扱いになる文部科学省の施策とは?

すらら 出席扱い

すららで出席扱いになるとはどういうことなのかお伝えします。

その文部科学省の施策というのがこれ。

すらら 出席扱い

出展:文部科学省HP「不登校児童生徒への支援について」より抜粋

これは文部科学省が不登校児に対する救済案で、学力を向上させるための施策。

この施策を活用すれば、不登校でも自宅学習をすることで学校を出席扱いにすることができます。

平成17年に定められた施策ですが、いま平成30年でも有効のまま。

不登校だからと諦めずに、こういった施策を使って子供の将来を開いていきましょう。

すららで出席扱いにするには?

すらら 出席扱い

この文部科学省の施策で出席扱いにするためには、まず行政機関への届け出が必要。

一定の手続きが済めば、あとは「どんなIT教材」を使って勉強するか?がポイントになります。

ここで重要になってくるのが、きちんと施策基準をクリア出来ている教材か?ということ。

なんでもかんでもIT教材であればOKというわけでもありません。

 

そこで「すらら」の出番になるのですが、すららはこんな賞も受賞しています。

すらら 体験

文部科学大臣賞をとっているIT学習教材なんですね。

つまり文部科学大臣賞をとっている教材を使えば、文部科学省の施策に通らないわけがないということ。

だから「すららで出席扱い」という噂が流れているというわけです。

最終的な判断は学校長に委ねられています。

 

現にすららを使ってこの施策を使える根拠はこちら。

すらら 体験

詳しい内容➝すららの出席扱いへの対策

これはすららのホームページですが、きちんとこのように対策が示してあるんです。

つまり文部科学省の施策に適応していることが確認されているというわけです。

すららのホームページにも詳しい手順が載っていますので、ぜひ参考にされてみてください。

すらら以外の通信教育でも出席扱いになる?

すらら 出席扱い

すらら以外の通信教育で出席扱いになるかどうかはわかりません。

私もどんな教材であれば出席扱いになるのか調べてみましたが、一向に「出席扱いになる」と記載された通信教育は見つからず今のところ”すらら”のみ。

もし探してみられるのであればそれでもいいですが、たぶん見つからないと思います。

 

だったら文部科学大臣賞を受賞している教材は?

なんて思って調べてみましたが、明らかにこの施策に対応しているという教材は探すことができませんでした。

こういった通信教育で文部科学大臣賞を受賞した、というのはすららが初めてらしいです。

したがって確実にこの施策を利用するなら、すららで出席扱いにするのが間違いない。

 

注意して欲しいのが、この基準に”クリアしていない教材”を先に契約してしまうこと。

IT学習教材なら何でもいいのか‥

なんて思って契約してしまうと後の祭り。

すららのように、確実に基準審査を通過するIT学習教材を選ばなければいけません。

施策への手続きを先に行って、そのあとでクリアしている教材に契約するというのが順番です。

すららであれば先に契約して勉強を始めておいても、クリアしていることで安心ですね。

 

不登校で自宅にこもっている‥ということであれば、ぜひ有効に活用してください。

不登校になった理由はたぶん”対人関係”だと思うので、子供はきっと勉強したいはず。

それに自宅でも出席扱いになると思えば、学校へ通ってる感覚も持つことができるはずです。

すららで出席扱いになる文部科学省の施策は、きっと子供の将来のために役立つはずです。

我が家のすらら体験談

すらら 体験

すららの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました