お得情報
今月いっぱい(~4/30)までキャンペーン中です。
入会金10,800円➝0円

詳細はこちらから➝http://surala.jp

すららがアニメーションで構成されていることによる3つのメリット

すららがキャラクターで構成されていることによる3つのメリット すらら基礎知識

通信教材すららってアニメーションなので幼稚っぽいの?と思いますよね。

ウチも初めてすららを知ったときは、アニメーションなので表面だけの薄っぺらい通信教材のような気がしました。

その後は実際にすららに取り組みましたが、じつはアニメーションによるメリットの方がはるかに大きいことがつくづく理解できたというわけです。

そこで「すららのアニメーション」について、一体どんなメリットがあるのか体験から詳しく口コミしようと思います。

すららの”アニメーション”によるメリット

すららの”キャラクター”によるメリット

ウチが通信教材すららを実際に取り組んでみて、メリットと感じたのがつぎの3つです。

  1. 動きがあるので黒板とは違う。
  2. 講師の説明に乱れがない。
  3. 難しく感じる場面でもモチベーションが下がらない。

この3つのメリットについてお話しします。

①動きがあることで理解につながる

まず通信教材すららのメリットとして、もっとも大きなものが「動き」だと思います。

もし本物の講師が行う授業であれば、学校と同じように”黒板”です。

学校の授業で理解し切れなかった部分があるとすれば‥

「黒板に”動き”をつけることが不可能だからでは‥」とウチは感じています。

たとえば数学の図形問題などがその代表例。

ちょっと中学生のころを思い出してみて欲しいのですが、図形って理屈を理解するまでに時間がかかりませんでしたか?

すらら キャラクター

とくに図形の”奥行き”がなかなか理解できず、私も子供の頃はけっこう悩んだものです。

理解しづらかったかといえば、黒板に”動き”をもたせるのが不可能だったことが大きな原因だと私は感じます。理解できてしまえばいいんですけどね。

つまり頭の中で奥行きを想像しないといけないため、なかなか”感覚”として掴みにくい。

これがすららのように「アニメーション」の授業になると、黒板という概念がなく”動き”をつけることができる。それによって感覚で理解ができるため子供の勉強にもスピードが出る。

すらら 機能

そんな「好循環」が生まれる授業、というのがアニメーションの大きなメリットであるとウチでは感じました。

したがってアニメーションで構成されているため初めは幼稚っぽさを感じますが、じつは中身はまったくそんなことなくアニメーションのおかげでより理解のできる通信教材だったと自信を持って言えます。

②声優が声役をしているので聞き取りやすい

中学校の授業というのは教科ごとに先生が変わるので、説明にもバラツキがあって普通です。

また通信教材も本物の講師が行う授業であれば、当然ながらバラツキがあって然り。

すらら キャラクター

これも中学生時代を思い出してもらえばわかるように、先生によっては聞き取りづらかったり説明内容や順番が違ったりして理解につながりにくかったことがあると思います。

そんな先生による”バラツキ”が、

まったく感じられないのがすららのアニメーション授業です。

本物の講師が授業をする通信教育も、その点ではわかりやすく説明してくれます。

しかしすららのアニメーション授業の場合は説明の品質が一定なだけではなく、さらに”プロの声優”が声役をしていることによって「聞き取りやすさ」がまったく違います。

このアニメーション授業をご覧ください。

まったく聞き取りやすさが違う、ということがお分かりになると思います。

すべての授業においてこのように「聞き取りやすい」という付加価値がつくことによって、多くの授業を見るほど”理解”が違ってくることをお感じになれるかと。

ウチでもわかりやすい説明にプラスして”聞き取りやすさ”があったため、子供本人もスムーズな理解につながった場面がいくつもありました。

ウチも初めは声優が声役をしなくても‥と思いましたが、実際にすららを体験するにつれて理解が違ってくることに気がついたというわけです。

よく考えられたアニメーション授業だと私は感じました。

③モチベーションの維持につながる

すららのアニメーションによる、3つ目のメリットが”モチベーション”の維持です。

勉強をしているとどうしてもモチベーションが下がり気味になってきますよね。

  • とくに長時間にわたって勉強を続けて疲労がたまったり‥
  • 頭が働きにくくなってきたり‥。

そんなときアニメーションによる”柔らかさ”によって、難しい場面でも「難しく感じさせない雰囲気」を作り出すことでモチベーションの維持につながるというわけです。

これも実際に体験をなさってみるとよく分かると思います。

すらら キャラクター

とくに小学生~中学生のころは”ホッとする部分”があるとモチベーションの維持につながりやすいものです。ちょっとした息抜きですね。

もしこれが本物の講師であれば、たぶん気を張ったままではないかと。

この点でもすららのアニメーションによる効果は大きなものがあるのでは、と感じました。

すらら以外にアニメーションによる教材はある?

すらら以外にキャラクターによる教材はある?

ウチはすららを取り組む前に、いくつかの通信教育を比較しました。

詳しい口コミはこちらでまとめていますので、またあとにでもチェックなさってみてください。

【知らないと損】通信教育すららを5つの教材と比較してわかった事実
たぶん知らないと損だと思います。通信教育すららを4つの教材と比較してデータ化(数値化)をしてみてわかった事実をお伝えします。ぜひ通信教育選びの参考になさってみてください。

この比較を見ていただければわかるように、すららのほかにも”デキタス”というコベッツ(城南進学研究社)を運営している会社の教材があります。

やはりアニメーションによる授業なので黒板という概念がなく、とくに図形問題などは良く理解のできるものになっているのが特徴です。

したがって通信教育の選び方として、デキタスもおすすめの教材です。

ただしデキタスの授業は本物の講師が声役をやっているので、聞き取りやすさという面で好みが別れてくるのかな?とウチでは感じました。

ウチが体験をした通信教育では、アニメーションによる構成のものはそれくらい。

すららもデキタスも無料体験ができるので、ぜひなさって比較してみてはいかがでしょうか。

すららのアニメーション授業がおすすめな中学生

すららのアニメーション授業がおすすめな中学生

すららのアニメーション授業はこんな中学生におすすめです。

  • 本物の講師による動画授業では成績アップにつながらない。
  • 楽しさがあることでモチベーションアップしやすい。
  • 少しずつ教えてくれる確実性の高い授業を探している。
  • プロ声優によって聞き取りやすい授業がいい。
  • 個別指導塾のような感覚で家庭学習に取り組ませたい。

この中の1つでも当てはまれば、すららのアニメーション授業はおすすめです。

きっといま抱えている問題点を解消できる選択になると私は思います。

まとめ

もういちど、すららのアニメーションによるメリットをまとめます。

  1. 動きがあるので黒板とは違う。
  2. 講師の説明に乱れがない。
  3. 難しく感じる場面でもモチベーションが下がらない。

いずれのメリットも、結果的に成績アップへつながる重要な要素です。

ウチの子供もこうしたメリットを得たことによって、無事に志望校へ合格できたのかなと思います。

すららのアニメーションによる構成、なかなかいいですよ。

 

うちの結果は‥

すらら キャラクター

すららの体験口コミレビュー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました