お得情報
今月いっぱい(~4/30)までキャンペーン中です。
入会金10,800円➝0円

詳細はこちらから➝http://surala.jp

通信教育すららでより勉強効果を高める3つの進め方

通信教育すららでより勉強効果を高める3つの進め方 すらら基礎知識

通信教育すららの口コミ体験レビューです。

今回は通信教育すららでより勉強効果を高める3つの進め方について今までの経験から詳しくお伝えしていきます。

  • すららの進め方がイマイチ分からない‥
  • 効率の良いすららの進め方があれば知りたい‥

そんな悩みや疑問を少しでも解消できるようお役に立てれば幸いです。

すららの進め方①まずは映像授業

すららの進め方①まずは映像授業

まずは映像授業で勉強をさせてください。

すららの進め方でまず初めに行うのは「映像授業」によって勉強をさせることです。

これが何よりも先に取り組む、進め方の順番になります。

すでにこの教材に取り組んでいらっしゃればご存知のように、すららの映像授業というのは家庭学習に必要な要素が詰め込まれています。

たとえば授業はもとより、ほかにも単元のまとめや確認問題など。

つまりこの教材は映像授業に重点が置かれていて、スムーズに勉強が進めていけるような作りになっているというわけです。

すらら 進め方

したがってまず初めにこの映像授業に取り組んで、基礎基本についてしっかりと勉強をさせる。

大体この教材の映像授業で勉強をさせた時点で、すでに基礎基本についてはほぼ理解できているはずです。

しかし、一体どれだけ理解できているのか?

については分かりませんので、まずはこの映像授業で勉強をさせたら次のステップに進んで行ってください。

通信教育すららの機能でとくに家庭学習へ役立つ3つのポイント
こんにちは。通信教育すららの口コミ体験レビューです。 ここでは、 通信教育すららの機能でとくに役立つポイント について記しています。 通信教育すららの機能って何があるの? と...

すららの進め方②つぎはテスト機能

すららの進め方②つぎはテスト機能

つぎにテスト機能を使って身についているかチェックなさってみてください。

すららの映像授業を使って勉強をさせた後は、どれだけ身についているかを「テスト機能」を使ってチェックしていきます。

この教材のテスト機能には大中小の3種類がありますが、ここで使うのは”中テスト”になります。

このテスト機能について詳しく知りたい方は、こちらの記事でお伝えしています。

すららのテスト機能ってどんな種類がある?

中テストというのは学校の定期テスト対策ができるもので、映像授業で習った単元の”理解度”が良く分かるものです。

分野ごとに理解度をチェックできるので、基礎基本がどれだけ身についているか?が良く分かるはずです。

すらら 進め方

とくにすららのテスト機能には”時間計測”がありますので、全国平均のペースと比較することも出来ます。

また正誤数も表示されますので、だいたいの理解度が分かると思います。

すべてデータとして表示されますので、親の方も数字で見えるので理解度が良く分かるはずです。

ここで間違ってしまった箇所については、このあとのステップで解消につなげることができます。

映像授業・テスト機能によって、基礎基本の理解~理解度の確認まで行うことができます。

すららの使い方で成績アップにつながる3つのポイント
通信教育すららの口コミ体験レビューです。 すららの使い方ってとにかくシンプルですよね? そんなシンプルに見えるすららの使い方も、じつはより成績アップにつながる方法があるんです。 今回は、すららの...

すららの進め方③最後に”つまずき防止システム”

すららの進め方③最後に”つまずき防止システム”

最後は”つまずき防止システム”で苦手解消をなさってください。

すららの進み方で最後のステップとなるのが、この「つまずき防止システム」になります。

このつまずき防止システムというのはテスト機能などを使ったほど、子供の苦手な箇所が明確に分かるというもの。

つまり先ほどのテストで間違った部分を、このつまずき防止システムによってより細かくチェックできるということです。

このつまずき防止システムでは間違った箇所が一覧表になって表示されます。

間違った問題の分野などが細かく表示されますので、ほかの通信教育よりもはるかに良く分かるシステムになっていると思います。

すらら 進め方

一覧表で表示された中で赤く表示されている分野が”子供の苦手”ですので、これを解消していけばOKです。

クリックするとその分野に飛んで復習ができますので、これで一連の進み方は終わりです。

この進み方の順番に勉強をしていけば、勉強の順番がきちんと合っているためもっとも効率の良い進み方になるはずです。

すららのそステムにはE-ラーニングが使われていることで、テストなどに取り組むほどデータが詳細になっていきます。

したがってこの進み方の順番を繰り返すほど、より苦手が明確になっていきます。

かなり便利な機能ですので、ぜひ有効にお使いになられるといいかと思います。

通信教育すららの難易度はどれくらい?偏差値的にはいくつ?
通信教育すららの口コミ体験レビューです。 通信教育すららの難易度について、実際に契約して子供が取り組んだ経験からの口コミ。 中学生の子供が取り組んで結果を出すことに成功しました。 うちの子は偏差値45あたりから始めて、今で...

通信教育すららでより勉強効果を高める3つの進め方まとめ

通信教育すららでより勉強効果を高める3つの進め方まとめ

ここまでをまとめておきます。

  • まずは映像授業を使う。
  • つぎにテスト機能を使って理解度チェック。
  • 最後は”つまずき防止システム”によって苦手解消。

ということでした。

この進み方というのはまったく自然なので、成績アップにも直結するはずです。

ぜひ参考にされてみてください。

うちの結果は‥

すらら 体験

すらら口コミ体験レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました