通信教育すららがオンライン学習の中でもとくにおすすめな3つの理由

通信教育すららがオンライン学習の中でもとくにおすすめな3つの理由基礎知識

通信教育すららはオンライン学習の中でもとくにおすすめな3つの理由は、

  1. 映像授業が優秀
  2. テスト機能が深い
  3. システムが新しい

ということで、いずれも勉強のしやすさや成績アップにつながりやすいことで優秀なオンライン学習です。さらに詳しく解説をしていきます。

おすすめの理由①オンライン学習の中でも「映像授業」が優秀

おすすめの理由①オンライン学習の中でも「映像授業」が優秀

とにかく映像授業がわかりやすく優秀です。

通信教育すららがオンライン学習の中でもおすすめな理由1つ目は「映像授業」です。

すでにこの教材に取り組んでいらっしゃる家庭はおわかりのように、とにかく映像授業がわかりやすいですよね?

ほかのオンライン学習もいろいろと試してみましたが、やはりこの教材は優秀です。

もっとも優秀と思える部分が「説明➝確認」を繰り返すところで、

こんな授業はほかのオンライン学習ではまずありません。

一般的な授業というのは”一度に説明をする”というもので、学校の授業などもこのスタイルで行われています。しかしそれでは聞き逃しや要点のまとめにくさなどもあって、いまひとつ理解につながらない部分も実際にあると思います。

確認問題が出される

しかしこのオンライン学習の授業では一度に説明することもなく「少しの範囲だけを説明して、そのあとにかならず確認問題が出される」というのを繰り返すんですね。

つまり少しだけの説明なので子供は十分に理解できて、さらにその範囲だけの確認問題が出されてもしっかりと答えることができる授業になっているというわけです。

この授業を一度体験してしまうと、たぶんほかのオンライン学習の授業が”わかりづらい”といった感覚になると思います。ウチではこの点がもっとも成績アップにつながる根本的な部分だと重要視してスタートしたというわけなんです。

まずこうしたオンライン学習というのは自宅で取り組むスタイルなので、なんといっても講師が目の前に存在しないことが大きなデメリットです。

したがって取り組むオンライン学習では、本当に基礎の理解ができなければダメなんですね。

それがこのオンライン学習の授業ではしっかりとできる、とはいってみても上っ面だけの授業ではなく「どうすれば理解につながるか?」がしっかりと考えられている授業になっているというわけです。

まずオンライン学習を選ぶときにもっとも力を入れるべきなのが、この”映像授業”の有無です。

するといくつかのオンライン学習が見つかりますが、それだけでは片手落ちだとつくずく実感しました。

さらにこの通信教育すららのように「本当の意味で理解のできる授業」でなければ、家庭学習として取り組むオンライン学習としては片手落ちということがいえるはずです。

したがって本当に理解のできる映像授業が必要。

その点ではこの通信教育すららの映像授業というのは、本当に「わかる」を積み重ねていくことのできるスタイルだなとウチでは実感しています。

おすすめの理由②オンライン学習の中でも「テスト機能」が深い

おすすめの理由②オンライン学習の中でも「テスト機能」が深い

3種類のテストと自由作成も出来るので奥が深いです。

通信教育すららがオンライン学習の中でもおすすめな理由2つ目は「テスト機能」です。

先ほどは映像授業についてお話ししましたが、どれだけこのオンライン学習が優れた授業になっているか?がお分かりいただけたと思っています。

しかしそれだけでは優秀なオンライン学習とはいえません。

そこで重要になってくるのが、ここでお伝えする「テスト機能」です。

 

オンライン学習をくまなく探してみると、この”テスト機能”というのはほとんどの教材に搭載されているものです。

オンライン学習の内容というのは基本的に「ドリル問題+テスト」というのが一般的で、まあだいたいのオンライン学習にはこの”テスト機能”は設定があると思います。

しかしここでもちょっと待ったです。

テスト機能が付いていればどれでもOKかといえば、これもまた大きな違いがあるものなんです。

一般的なテスト機能

一般的なテスト機能というのは、だいたいこんな感じになっています。

  • ボタンを押してテストスタート
  • 終わったら正誤率や経過時間などが表示される

こういうのが一般的なスタイルです。

まあ普通じゃないの?と思われるかもしれませんが、じつは通信教育すららのテスト機能はぜんぜん違っているんです。

通信教育すららのテスト機能というのは、大中小という3種類が設定されています。

小テストでは学校の朝礼前に行うような”10問テスト”のような内容、中テストでは定期テスト対策のできる内容、大テストではオンラインで全国実力テストを実施できる内容という使い分け。

テスト機能

つまりテスト機能といっても1つだけの機能ではなく、通信教育すららはこれだけ豊富なテストを使いながら深く勉強をしていけるというわけなんです。

さらに中テストは「中身を自由に作成ができる」というウチからすれば”夢のような”テストになっていて、もはや書店へ行って問題集や過去問などを買わなくてもいくらでもテスト作成が出来てしまうので経済的にもかなり効率が良いものになっているんです。

いくらでも問題が作成できるので、こんなに効率のいいことはないですよね。

同じテスト機能といっても、これだけの違いがあるというわけです。

よくよく中身まで探ってみると、同じ機能のように見えても全く違うという代表的なのがこの”テスト機能”です。

おすすめの理由③オンライン学習の中でも「システム」が新しい

おすすめの理由③オンライン学習の中でも「システム」が新しい

システム自体が新しく苦手克服につなげやすいです。

通信教育すららがオンライン学習の中でもおすすめな理由3つ目は「システム」です。

こういったオンライン学習というのは”あるシステム(プラットフォーム)”をベースにして作成されています。

そのシステムというのが「E-ラーニング」というものです。

このE-ラーニングシステムというのは”相互学習”といって、使う側が取り組んだ内容を分析してシステムが輪でも勉強をするというものです。

つまり詳しく”データ化”をしてくれるシステムというわけです。

そんなシステムが通信教育すららの場合は最新のもので、さらに「つまずき防止システム」という特許もとっているものに直結しているところがかなり優秀なオンライン学習なんです。

一般的なオンライン学習では”苦手分析”はしてくれますが、それをまとめるという作業が今一つ伴っていない‥というのがウチの実感なんです。

たとえば「間違った問題が何回も出る」といった具合。

確かに苦手克服につながるかもしれませんが、どの単元が苦手でどこに集中すればいいのか?というのが分かりませんよね?

それがすららのオンライン学習では「分野」として表示してくれたり、間違った問題ではなくて「この分野をもっと勉強しなさい」といった表示の仕方をしてくれるというわけです。

↓ちょっと小さくて見えづらいですが、こんなふうに苦手分野が赤く表示されます。

苦手分野が赤く表示

赤く表示されている分野をクリックすると、そこへ飛んで復習ができるようになっています。

つまり何度も同じ問題が出されても、もし選択問題であれば”頭を使わなくても正解してしまうということ。

だんだんと残った答えを選んでいけばいつかは正解するので、そういったシステムではあまり勉強にならないのかな?とウチでは感じたんです。

それがすららのオンライン学習では「分野」でまとめて表示されるので、これなら弱い分野もわかるし適当な答え方も出来ないと感じたわけです。

これは実際に取り組んでみると本当に”苦手克服”には助かる機能で、さすがに特許をとっただけのシステムだなと思えるものです。

同じE-ラーニングシステムといっても、オンライン学習の”作り”によってこれだけの差が出るものなんですね。

なかなか口頭でこうしてお伝えするのは難しい部分ですが、実際にほかのオンライン学習と比較なさってみるとよく理解していただけるのではと思います。

ほかのオンライン教材と比較した結果

すららがオンライン学習の中でもおすすめな理由まとめ

すららがオンライン学習の中でもおすすめな理由まとめ

ここまでをまとめておきます。

  • とにかく映像授業がわかりやすい。
  • 3種類のテストと自由作成もできる。
  • システム自体が新しく苦手克服につながる。

ということでした。

実際にウチがオンライン学習すららを使う前に仕入れた情報と、使ってみて実感できた情報から詳しくお伝えしてきました。

まずお伝えした情報に誤りはないはずです。

今回は「通信教育すららがオンライン学習の中でもとくにおすすめな3つの理由」についてお話ししてきました。

ぜひ参考になさってみてください。

うちの結果は‥

すらら 体験

すららの口コミレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました