※当サイトは一部「PR」を含みます。

【実体験から解説】すらら・サブスタの違いを10項目で徹底比較!

すらら・サブスタの違いを10項目で徹底比較!

すららで子供に高校受験させた清水です。今回は「すらら・サブスタどっちがおすすめか比較情報が知りたい!」という疑問を解消します。

子供の学習環境を整える上で、とくに通信教育は欠かせない存在となりました。

通信教育のなかでも「すらら」と「サブスタ」はその中でも注目を集めているサービスですが、一体どちらが我が子に適しているのでしょうか?

次のような疑問をもつ家庭へおすすめの内容です。

  • すらら・サブスタでおすすめの通信教育を比較し選びたい
  • 中学受験や高校受験に備える必要がある
  • 不登校や発達障害の子供がいる
  • 学習環境を自宅ですばやく整えたい
  • 複数科目をバランスよく学習させたい
  • 通信教育の料金や特典について比較情報が欲しい
  • 学習進度を柔軟に管理したい
  • 学習塾へ通わせる前に先取り学習を検討したい
  • 学習状況をリアルタイムで確認したい
  • 勉強嫌いの子供に効果的な学習サポートを求めている

SHIMIZU

実際のユーザー経験から得た知見を元に、今回はすららとサブスタを10項目で徹底比較。

悩んでいる保護者の方々がどっちのサービスを選ぶべきか、その根拠や比較ポイントを解説し明らかにします。

✅ ちなみにそれぞれの公式サイトはこちら。

→ 【公式サイト】通信教育すらら

→ 【サブスタ】

すらら・サブスタ「口コミ・評判」を比較

すらら・サブスタ「口コミ・評判」を比較

すらら・サブスタ「口コミ・評判情報」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「口コミ・評判」の比較結果
すらら・幅広い学年や特性に対応し学習ニーズに柔軟に対応。
・成績向上の成功事例が多く、履修効率アップに寄与。
・海外在住や発達障害児など様々な学習状況に特化。
・学習計画の立案方法や進捗管理のポイントが具体的に示されている。
・履修内容や特性に合わせた質問ができる通信手段が整備されている。
サブスタ・不登校生徒や発達障害児など、特定の課題に柔軟な学習環境提供。
・出席扱い制度や学習計画を通じて学習効率向上の成功事例。
・不登校からの復学計画やアドバイザーによる履修計画表が成功。
・不登校生徒や部活動との両立に特化したサポートが提供。
・アドバイザーとの即座なチャット相談が保護者にとって有益。

すららの口コミ・評判情報

  • 小学生 – 小6年生 Cさんの保護者
    成績向上
    文章読解の克服に成功し70点から100点へ向上。苦手科目を克服したい小学生の保護者へ、比較的に示唆へ富む情報。
  • 中学生 – 中学2年生 Iさんの保護者
    学習効率
    毎月40時間以上の学習量を実現し、英検3級1次試験に合格した成功例。中学2年生の学習習慣を築く方法が具体的に示され、興味を持つ保護者に有益。
  • 不登校 – 中学3年生 Nさんの保護者
    学習復帰
    不登校からの復帰で志望校合格を果たした例。すららを通じたさかのぼり学習が、自信回復に寄与したという情報。不登校の中学3年生を抱える保護者に鼓舞となる。
  • 発達障害 – 小学6年生 Fさんの保護者
    発達障害児向け学習
    小6ASD 国数の総合偏差が46から52にアップ。特性に合わせた学習が実現し成績向上に貢献。発達障害児を育てる保護者に有益。
  • 帰国子女 – 小6年生/中学2年 Sさんの保護者
    海外在住学習事例
    海外在住(チェコ共和国在住)インター校に通い自宅ですららによる国語学習。異文化の学習環境での利用実例。帰国子女を持つ保護者にとって参考になる情報。
  • 不登校 – 中学2年生 Tさんの保護者
    学習習慣構築
    気持ちの変化を乗り越え月平均30時間の学習を実現。不登校生徒がすららを通じて学習習慣を築く様子が示され、同様の悩みを抱える保護者に示唆に富む情報。
  • 発達障害 – 中学校1年生 Nさんの保護者
    特性に合わせた学習
    ASDの特性を活かし月50時間の学習。学習量を加速させたすららの機能を活用。発達障害児の特性を理解し、それを活かした学習計画が成果を生んでいる。

参考:すらら公式サイト

サブスタの口コミ・評判情報

  • 不登校児の学習サポート – A・Iさんの保護者様|中学3年生
    通信教育サブスタが不登校生徒に適した柔軟な学習環境を提供。
    サブスタの出席扱い制度が学習意欲を高め、学校復帰を促進。
  • 起立性調整障害児の学習モチベーション向上 – K・Hさんの保護者様(中学2年生)
    ゲーム中毒や生活習慣の乱れからくる起立性調整障害に悩む中学生をサポート。
    出席扱い制度と学習計画表がモチベーション向上に寄与。
  • 不登校からの復学計画の立案 – E・Tさんの保護者様|中学2年生
    サブスタがチャットでのやり取りと計画表作成で不登校児に柔軟で適切なサポートを提供。
    学習計画に基づいた復学計画の立案と進捗管理が成功への鍵。
  • 相談対応と的確なアドバイス – S・Hさんの保護者様|中学3年生
    サブスタのアドバイザーが即座にチャットで相談に応じ、親子関係の改善や進路相談に親身になって対応。
    家庭学習で親子が壁にぶつからずに進むための助言が得られる。
  • 小学生から中学生までの学習計画立案 – K・Sさん | 中学1年⽣
    サブスタが宿題のない学校に対応し、学習計画の立案と実行をサポート。
    短期間で実感できる学習の成果が生じ、テストの点数向上。
  • 部活動との両立を支援 – H・Hさん | 中学2年⽣
    部活動が忙しい生徒へのサブスタの効率的なサポート。
    毎日の自学習習慣の身につけ方や、テストの点数向上に貢献。
  • 入院中の学習サポート – A・Sさん | 中学2年⽣
    入院中にサブスタを活用し、学習計画の立案から学校復帰までのトータルサポート。
    サブスタを利用して成績向上を達成し、学習への自信を取り戻す。

参考:サブスタ公式サイト

すらら・サブスタ「口コミ・評判」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「口コミ・評判」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

  • 比較ポイント:学習サポートの対象と特性への適応
    すらら
    幅広い学年と特性に対応しており小学生から中学生、そして発達障害児まで多様な学習ニーズに柔軟に対応。とくに個別のニーズへ合わせた、細やかなサポートが特徴的。
    サブスタ
    不登校生徒や発達障害児など、特定の課題を抱える学生に対して独自の柔軟な学習環境を提供。学習特性やニーズに配慮したサポートが可能。
  • 比較ポイント:学習効率向上の成功事例
    すらら
    成績向上や学習効率向上の成功事例が具体的に示され、文章読解や英検合格といった実績が小学生から中学生まで多岐にわたり、保護者にとって有益な情報が提供されている。
    サブスタ
    学習計画や出席扱い制度を通じて、学習効率向上を果たした具体的なケースが紹介され、学習習慣の構築に成功している。
  • 比較ポイント:異なる学習状況やニーズへの対応
    すらら
    海外在住の帰国子女や発達障害児など、異なる学習状況にある児童・生徒向けに特化。地域や特性による違いに合わせた学習支援が提供されている。
    サブスタ
    不登校生徒や部活動との両立が求められる学習者に対して、個別のニーズに合わせたサポートが行き届いている。
  • 比較ポイント:学習計画の立案と進捗管理
    すらら
    学習計画の具体的な立案方法や進捗管理のポイントが詳細に示され、保護者が子どもの学習をサポートする上での手法が具体的に紹介されている。
    サブスタ
    不登校からの復学計画やアドバイザーによる学習計画表の作成が成功に繋がった実例が示され、保護者にとって具体的なガイダンスが提供されている。
  • 比較ポイント:通信手段と相談対応
    すらら
    具体的な相談対応に関する情報は限定的であるが、学習内容や特性に合わせた質問ができる仕組みが構築されている。
    サブスタ
    アドバイザーとのチャットを通じて即座に相談に応じ、保護者にとって重要なサポートが素早く提供されている。

どちらも異なるニーズや状況にある子どもたちに対して、柔軟で効果的な学習サポートを提供している印象があります。選択の際には具体的な学習状況や特性に応じて、比較・検討することが重要です。

すらら・サブスタ「学べる教科」を比較

すらら・サブスタ「学べる教科」を比較

すらら・サブスタ「学べる教科」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「学べる教科」の比較結果
すらら国語、算数(数学)、英語、理科、社会、英検、数検、SPI対象:幼児~高校生
サブスタ国語、算数(数学)、理科、社会対象:小学生~中学生

すららで学べる教科および優位性

  • 国語
    特徴:論理的な読解力強化、実践力重視。
    優位性:入試対策も含むトータルな国語力向上。
  • 数学
    特徴: 基礎概念からの理解、アニメーションや作図機能活用。
    優位性: 応用力を伸ばし、数学への苦手意識軽減。
  • 英語
    特徴:アウトプット型スタイル、実践的な学び。
    優位性: 知識を使える英語力に変換、コミュニケーション強化。
  • 理科
    特徴:3Dレクチャー、実験体験、ストーリー学習。
    優位性: 体験に基づく実践的学力、なぜそうなったのかを理解。
  • 社会
    特徴:地理・歴史・公民をストーリー学習、入試強化。
    優位性: 体系的な学習、入試に強いスキル養成。
  • その他
    数検対策コース: 数学検定対策
    SPI対策コース: 就職SPI対策
    英検対策コース: 英検各級対策
  • 総合的な優位性
    基礎からの徹底な理解: すべての科目で基本概念を重視し、着実な理解を促進。
    実践的な学び: 3Dレクチャーや実験を通じた実践的な学習手法を採用。
    応用力の強化: 各科目で応用力を伸ばすトレーニングを提供。
    入試対策の充実: 入試に向けた総合的なサポートがあり、高い学力を養成。

サブスタで学べる教科および優位性

  • 国語
    特徴:文法や公式の暗記だけでなく、試験や設問の内容を正確に理解することを重視。国語を「すべての教科の土台」と位置づけ、文や文章の正確な理解を促進。
    優位性: 論理的な読解力を身につけるための細かいカリキュラムが用意されている。国語の基礎をしっかりと築き、他の教科へのスタートラインを確実にする。
  • 算数
    特徴:算数が苦手な生徒に対して、基本の解き方を重視し、応用方法を学ぶ。10通りの問題に対して10通りの解き方を覚えるのではなく、基礎概念の理解を強調。
    優位性: 基礎概念からの理解を重視し、単なる暗記を超えた応用力を養成。様々な問題に対して柔軟に対応できるようになる。
  • 理科
    特徴:丸暗記ではなく、動画学習で実験を体験することで応用力を養成。本質を突いた学びで、「暗記のかけ違え」を防ぐ。
    優位性: 体験に基づく応用できる学力を培い、実践的な学習を提供。見て考え、考察し答える実践型の学習で理解を深める。
  • 社会
    特徴:地理・歴史・公民を分けずに学び、ストーリー性を持たせて体系的に学習。様々な要素から考えて答えに導くスキルを身につける。
    優位性: ストーリー学習により、地理・歴史・公民を総合的かつ体系的に理解。
    入試に強いスキルや知識を養成し、幅広い問題に対応できる。
  • 総合的な優位性
    ストーリー学習: 地理・歴史・公民をストーリーで学び、なぜそうなったのかを理解。
    論理的読解と統合学習: 国語で論理的読解向上し、他教科との統合学習で広範な知識構築。
    基礎算数理解: 算数では基本解き方を徹底、様々な問題に対する応用力を養成。
    体験型理科学習: 理科では実験を動画学習で体験、暗記ではない本質的な学び。
    統合的社会科目学習: 地理・歴史・公民を分けず学び、体系的知識と問題解決スキル向上。

すらら・サブスタ「教科」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「教科」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

すららは実践的な学びに力点を置き、3Dレクチャーや実験を通じて生きた知識の習得を促進。とくに幅広いコースがあり入試対策も充実しているため、試験の要求に応じた高い学力が比較的に期待できます。

一方、サブスタは「なぜそうなったのか」を理解できるストーリー学習が特徴。統合学習が強調され、科目同士を独立させずに学ぶことで、広範な知識と問題解決スキルを身につけることが期待できます。とくに社会科目では地理・歴史・公民を一体的に学ぶことで、複合的な視点から問題にアプローチする能力が養われます。

総じて、すららは実践的な手法で入試対策を強化する一方、サブスタはストーリー学習と統合学習を通じて広範な知識と応用力を伸ばす点が比較的に際立っています。どちらも生徒の学びやすさを考慮しており、学習者の適性や志向によってその方向へ進むための最適な選択になるかと思います。

すらら・サブスタ「受講スタイル」を比較

すらら・サブスタ「受講スタイル」を比較

すらら・サブスタ「受講スタイル」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「受講スタイル」の比較結果
すらら
・レクチャー機能の特長
・対話型の飽きない授業
・アニメーションと声優の解説
・無理なく進めるスモールステップ
・トークン・エコノミー法の導入
・アチーブエッグ機能の概要
サブスタ
・好評の講師の動画学習
・サブスクリプションベースの気軽な利用
・個別学習計画の提供
・ゲーム感覚で楽しく学習
・赤ペン映像で的確な解説
・短時間で成果を上げるスキマ学習

通信教育すららの受講スタイルにおける主な特徴・優位性

  • レクチャー機能
    視聴と聴講できる
    紙教材では得られないアニメーションや声優による解説を通じて、生徒は「見て」「聞いて」履修可能。これによりキャラクターが声をかけながら、アニメーションを使った分かりやすい授業が提供。基本的で概念的な理解が得られ、学校の進度に関係なくゼロから内容を理解できる。
  • 対話型の飽きない授業
    インタラクティブなアプローチ
    講義中は一方的な解説だけでなく、生徒が理解したかどうかを確認する質問がキャラクターによって投げかけられるため、生徒は飽きずに集中して取り組むことが可能。これにより知識の定着が促進。
  • アニメーションと声優さんのわかりやすい解説
    動画授業で理解が進む
    生徒は動く授業を通じて、イメージしながら理解を深めることが可能。英語の授業ではネイティブの発音がリスニング力向上に寄与。これにより抽象的な概念も具体的なイメージとして理解できる。
  • 無理なく進めるスモールステップ
    学習の障害を軽減
    平均15分の小さな範囲に分けて理解を積み上げ、初学者や忙しい学生でも無理なく学習を進めることが可能。この方法により効果的かつ効率的に知識を蓄積できる。
  • トークン・エコノミー法を採用
    やる気を引き出すゲーミフィケーション
    子どもの好ましい行動を引き出すトークン・エコノミー法を導入。これにより学習へのモチベーションが向上し、良い学習習慣が養成される。
  • アチーブエッグ機能
    ミッションと報酬
    生徒に合わせたミッションが提示され、クリアするとポイントとアバターを獲得。この仕組みは生徒の達成感を高め、学習への興味維持へ役立つ。

通信教育サブスタの受講スタイルにおける主な特徴・優位性

  • 好評の講師の動画学習
    有名予備校講師の授業をどこでも学べる
    1000本以上のプロ講師による授業動画が利用可能で、生徒は自宅で有名な講師による授業を受けることが可能。動画は約10分で、最適な学習時間を確保しやすい構成。
  • サブスクリプションベースの気軽な利用
    月額制サブスクリプションで手軽に学習可能
    サブスタは月額制のサブスクリプションサービスで、気軽に利用でき、経済的な負担を最小限に抑えながら学習を続けることが可能。
  • 個別学習計画の提供
    個々の状況に合わせた学習計画表
    学習アドバイザーが生徒一人ひとりの現状や、目標に基づいてカスタマイズされた学習計画表を作成。この計画表はカレンダー式で作成され、習い事や部活動のスケジュールに合わせて効果的なスキマ学習を実現。
  • ゲーム感覚で楽しく学習
    学習がゲーム感覚で楽しい
    塾に通っても成績が向上しなかった生徒でも、サブスタではゲーム感覚で学ぶことができるため、楽しさが学習の継続につながる。
  • 赤ペン映像で的確な解説
    間違い解説のサポート
    間違った問題に対しては、その場で音声と映像を用いて赤ペン解説を実施。疑問点は繰り返し確認でき、理解度向上に寄与。
  • 短時間で成果を上げるスキマ学習
    短時間で成果の出るスキマ学習
    一人ひとりの力と状況に合わせた最適な計画を作成するため、たった1日20分の学習でも効果を上げることが可能。映像授業が10分前後と短いため、習慣が身に付いていない生徒でも気軽に学習を開始できる。

すらら・サブスタ「受講スタイル」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「受講スタイル」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

  • すららの感想
    比較ポイント:基礎からの理解
    すららは徹底的な基礎理解にフォーカスしており、科目ごとに着実な基礎学力を築ける点が印象的。これは将来の学習において強力な土台となります。例えば、数学では応用力を高めるために基本的な解き方を重点的に教えてくれることが好評です。
    比較ポイント:実践的なアプローチ
    3Dレクチャーや実験を通じて、学習者は理論だけでなく実践的なスキルも身につけられます。これにより知識の定着と同時に応用能力が向上し、実践的な問題にも対応できるようになります。
    比較ポイント:入試対策
    すららは入試対策が充実しており、様々な形式の試験に対応できるようなサポートが提供。これにより、生徒は受験に自信を持って臨むことができます。過去の問題演習や模擬試験も積極的に活用されており、試験に慣れることが重視されています。
  • サブスタの感想
    比較ポイント:有名講師の授業動画
    サブスタでは国内有名予備校講師による、高品質な授業動画が利用できます。これにより一流教育者の指導を手軽に受けることができ、生徒は専門的で信頼性の高い学習経験を得られます。
    比較ポイント:柔軟な学習計画
    サブスタは個別学習計画が柔軟で、生徒の進度やスケジュールに合わせて学ぶことが可能。これは生徒それぞれの生活スタイルに合わせた学習が可能で、習い事や部活動の合間などでもスキマ時間を有効に使えるメリットがあります。
    比較ポイント:ゲーム感覚で楽しく学習
    サブスタでは学習をゲームのような形式で進めることができ、生徒は楽しみながらも集中力を維持できます。これがモチベーションの向上に繋がり、学習の効果を高める一因となっています。
  • 総合的な感想
    すらら
    基礎理解の徹底と実践的なアプローチが特長。入試対策も重視されており、比較的に広範な知識と実践的なスキルを身につけることが期待できます。
    サブスタ
    有名講師による授業動画と、柔軟な学習計画が際立つ。生徒は自分のペースで学び、高品質な教育資源を活用できるため効率的な学習が可能です。

どちらも生徒の特性や学びたい科目、学習スタイルによって選ぶべき特長が

あり、最終的な選択は生徒のニーズに合ったものを比較選択するべきです。

すらら・サブスタ「機能」を比較

すらら・サブスタ「機能」を比較

すらら・サブスタ「機能面」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「機能面」の比較結果
すらら・無学年方式
・学習範囲とコースの選択
・体系学習とAI搭載ドリル
・学習設計とコーチのサポート
・様々な問題形式とテスト機能
サブスタ・全学年・全教科対応
・ていねいな解説と映像学習
・4段階のステップ学習
・動画学習の活用
・テストに出やすい問題の優先提供

通信教育すららの機能における主な特徴・優位性

  • 無学年方式
    ・学年式との比較
    学年に囚われず、生徒の学力に応じた学習が可能な「無学年式」が特徴。これにより学年ごとの制
    約から解放され、個々のペースに合わせた学びが実現される。
    ・柔軟な学習範囲
    家庭学習教材は最初から複数学年分の学習範囲が提供され、生徒や保護者は学習量をコントロール可能。
    これにより授業についていけない子供にはさかのぼり学習、逆に授業が簡単すぎる子供には先取り学習が
    可能できる。
  • 学習範囲とコースの選択
    ・広範囲の対応
    小1から高3までの範囲を学習できるため、幅広い学年の生徒に対応。小中コースと中高コースの2つから
    選ぶことができ、自分の学年や進捗に合わせて適切なコースを選択できる。
  • 体系学習とAI搭載ドリル
    ・理解を積み上げる体系学習
    無学年式の特長を最大限に活かすため、独自の体系カリキュラムを採用。これにより生徒は、効率的に学
    習を進めることができる。
    ・AI搭載ドリル
    200,000問以上の問題数と、AIが個別の理解度に合わせて問題を出題する機能あり。生徒のつまずきポイ
    ントを見つけ出し、理解の定着をサポート。
  • 学習設計とコーチのサポート
    ・コーチによる学習設計
    無学年式の自由度が高い反面、学習設計が必要。すららコーチが学習塾の先生として保護者を通じてサポ
    ートし、最適な学習プランを提供。
  • 様々な問題形式とテスト機能
    ・理解の深化
    選択式だけでなく記入式を含む様々な問題形式が用いられ、知識の定着を深める。
    ・テスト機能
    学力診断テスト、定期テスト、小テストの3つのテスト機能があり、実施直後に結果を診断し、個別カリ
    キュラムを提供。学校のテスト範囲を指定して問題を解くことで、定期的な学習の振り返りや復習に活用
    できる。
  • 総合的な特徴と優位性
    ・自由度の高さ
    無学年方式とコーチのサポートにより、生徒は自分のペースで効果的な学習ができる。
    ・体系的な学習
    独自の体系学習とAI搭載ドリルにより、理解を深めつつ個々のスキル向上が図られる。
    ・テスト機能の効果的な活用
    学力診断や定期テスト、小テストなどのテスト機能を通じて、生徒は自分の理解度を確認し適切な対策を
    講じることができる。

通信教育サブスタの機能における主な特徴・優位性

  • 全学年・全教科対応
    サブスタは全学年の学習内容を網羅し、小学生から中学生までの範囲に対応。これにより前学年の復習や次学年の予習が柔軟に実施可能。また文部科学省の新指導要領に準拠。
  • ていねいな解説と映像学習
    間違えた問題には、赤ペン映像でていねいに解説を実施。映像学習を通じて生徒は教科書のポイントを整理し、授業の予習と復習を容易に行える。
  • 4段階のステップ学習
    サブスタは4段階のステップ学習を提供し、授業の予習と復習をかんたんに行える仕組み。このステップ学習を通じて、生徒は効果的に学習を進めることができる。
  • 動画学習の活用
    予備校講師による映像解説が、24時間いつでもオンラインで視聴可能。この動画学習により、授業が目の前で展開されるような感覚で学習しより理解を深めることができる。
  • テストに出やすい問題の優先提供
    出題率の高い問題をまとめた確認問題を解くことで、学校のテストによく出る問題に備えることが可能。また問題解答後には、赤ペン解説動画で理解度を向上させることができる。
  • 有名講師の映像授業
    現役塾講師による映像授業で、生徒へ的確に解説。この映像授業により、生徒は質問が生じた際には家庭教師が教えてくれるようなサポートを受けることができる。
  • 学習習慣の形成
    サブスタでは、小学生のうちから学習習慣を身につけることを重要視。毎月、学習アドバイザーが子供専用の学習スケジュールを作成し、学習の計画的な進め方をサポートする。

すらら・サブスタ「機能面」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「機能面」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

  • 比較ポイント:学年対応と学習スタイル
    すららは無学年式であり、学年にとらわれず個々の生徒の学力に応じた学習が可能です。これに対してサブスタは全学年・全教科に対応しているものの、学年に基づくスタイルが特徴。比較的伝統的な学年別の進度に慣れ親しんでいる子供には、サブスタが適しているかもしれません。
  • 比較ポイント:受講スタイルの柔軟性
    すららは無学年式であり、先取りや戻り学習が自由自在。子供が自分のペースで進められるため、個別最適化された学びを得ることができます。サブスタも柔軟性はありますが、学年に基づく進度があるため、すららほどの自由度はないと感じられます。
  • 比較ポイント:学習コンテンツの豊富さと体系学習
    すららは小1から高3までの幅広い範囲を学習でき、独自の体系カリキュラムが効率的な学びをサポート。サブスタも全学年・全教科に対応していますが、体系的な学習がどれほど強調されているかは確認しきれませんでした。すららは体系学習に焦点を当てており、それが個別最適な学びに繋がっている印象です。
  • 比較ポイント:AI搭載ドリルの機能
    すららではAI搭載ドリルが学年をまたいで復習する機能があり、生徒の苦手箇所を的確に克服できるようサポート。サブスタも赤ペン映像での解説があるものの、AIを活用したドリルによる復習がどれほど進化しているかは詳細がわかりませんでした。
  • 比較ポイント:学習設計と個別サポート
    すららでは「すららコーチ」が、学習設計をサポートする仕組みがあります。一方で、サブスタも学習アドバイザーが学習スケジュールを提供。どちらも個別サポートが内包されていますが、すららの場合はAIやコーチが学習設計において一層深いサポートをしている印象です。

総じて、すららは無学年式やAI搭載ドリルを特徴としており、学習の柔軟性や効率性に優れていると言えます。一方で、サブスタは伝統的な学年別進度を大切にし、学年に基づいたスタイルを好む生徒に適しているように感じられます。どちらが優れているかは、子供の学習スタイルや好みに依存する部分もあるのではと思います。

すらら・サブスタ「不登校の出席扱い」を比較

すらら・サブスタ「不登校の出席扱い」を比較

すらら・サブスタ「不登校・出席扱い」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「不登校・出席扱い」の比較結果
すらら・出席扱い認定制度
・無学年方式と個別ペースの学習
・キャラクター先生と対話形式の講義
・AI搭載ドリルとフォローアップ
・サポート機能とリアルタイム履歴管理
サブスタ・出席扱い制度の活用
・学習アドバイザーによるサポート
・学力向上の3つのポイント
・学習進捗レポートの提供
・進路検討のサポート

通信教育すららの不登校対策における主な特徴・優位性

  • 無学年式オンライン教材
    すららは無学年式のオンライン教材であり、生徒が学年にとらわれず、自分のペースで学習できる環境を提供。これは不登校生徒にとって学年に左右されない柔軟な学びが可能であり、その生徒の状態や進度に合わせた学習ができる利点がある。
  • 出席扱い認定制度
    すららを使用した家庭学習により、出席扱い認定が可能。これは不登校の生徒でも学習が進んでいることを実証し、学校への復帰につなげることができる重要な特典。すでに累計1200人以上の出席扱いが認定されているとのことで、その実績が信頼性を高めている。
  • 無学年方式と個別ペースの学習
    すららの「無学年方式」により、学年に縛られずに学習可能。これによって子供は周りに合わせず、自分の学習ペースを優先。苦手分野を基礎から克服し得意分野を先取りすることで、個別最適な学びを提供。
  • キャラクター先生と対話形式の講義
    学習を楽しくするため、すららではキャラクターたちが先生として授業を実施。これにより子供は身近な存在として授業を受けることができ、人との関わりが苦手な生徒でも安心して学習に取り組める。対話形式の講義も行い、子供に良い刺激を与えながら進む。
  • AI搭載ドリルとフォローアップ
    すららではAI搭載ドリルが豊富に用意されており、自動的につまずきの原因を特定し、学習をさかのぼって修復する機能あり。これにより子供が理解できていないポイントを的確に把握し、苦手克服へつながる本質的なサポートが可能。
  • サポート機能とリアルタイム履歴管理
    保護者との連携を強化するため、すららでは質問機能やアナウンス機能を備え、学習の途中で質問ができるような構成。またリアルタイム履歴管理機能により、その日の学習状況や進捗を保護者が把握しやすい。
  • 不登校による悩みへのサポート
    すららは不登校生徒および保護者に対して、学習だけでなく心の面も含めたサポートを提供。経験豊富なすららコーチが、保護者へのヒアリングを通じて子供の特性に合わせた学習計画を提案し、学習行動を理解しサポート。

通信教育サブスタの不登校対策における主な特徴・優位性

  • 出席扱い制度の活用
    不登校生徒が通信教育サブスタを利用することで、学校に行かずとも出席扱いになる制度を活用可能。文部科学省が定めた条件をクリアすれば、ICT(オンライン教材)を使用した在宅学習が出席扱いとして認められる。
  • 学習アドバイザーによるサポート
    サブスタではオンライン教材だけでなく、プロの学習アドバイザーが不登校の子供と保護者に寄り添って解決をサポート。学習アドバイザーはお子さまに合わせた学習計画を作成し、個別の状況に応じたサポートを提供。
  • 学力向上の3つのポイント
    ・学習計画の作成
    子供一人ひとりの学習状況や休学のタイミングに合わせ、学習アドバイザーがていねいにヒアリングし、
    最適な計画表を作成。
    ・授業の穴埋め
    休みがちな場合、抜けている単元を把握し、それに合わせて授業の穴埋めを行う。
    ・定期テスト対策
    高校進学に不安を抱く保護者に向けてテスト範囲表を提供し、テスト対策をサポート。
  • 学習進捗レポートの提供
    サブスタの学習アドバイザーが毎月、お子さまの学習進捗をまとめた「学習進捗レポート」を作成。これは出席扱い制度を利用検討中の子供(家庭)に提供され、在籍学校の担当の先生と共有される。
  • 進路検討のサポート
    不登校生を持つご家庭向けに、定期的なWEB進路説明会を行い、中学卒業後の選択肢を提案。通信制高校の紹介も可能であり、子供と保護者が適切な進路を見つけるサポートを行う。

すらら・サブスタ「不登校」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「不登校・出席扱い」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

  • 比較ポイント:無学年式オンライン教材
    「すらら」の無学年式は、学年に縛られずに学ぶ柔軟性があります。これは不登校生にとって特に重要であり、自分のペースで進学できる環境を提供していることは大きな優位性。また、この点をサブスタと比較すると、学年制度がどのように柔軟になっているかを確認できるでしょう。
  • 比較ポイント:出席扱い認定制度
    「すらら」が提供する出席扱い認定制度は、学習が進んでいることを実証し、学校への復帰に繋げる手段として重要。累計1200人以上の出席扱いが認定されているという実績は、制度の信頼性を裏付けています。これに対して、サブスタも同様の出席扱い制度があるかどうか比較することが重要です。
  • 比較ポイント:キャラクター先生と対話形式の講義
    「すらら」のアプローチは、キャラクター先生を活用して学習を楽しくアプローチしている点が、比較的に興味深いポイント。これにより子供は学習に親しみやすくなります。サブスタも対話形式や学習を楽しませる手法を、どのように採用しているか比較すると良いでしょう。
  • 比較ポイント:AI搭載ドリルとフォローアップ
    AI搭載ドリルは子供がつまずいているポイントを特定し、それに基づいて学習の修復を行う点が強み。これは個別ニーズに合わせた、効果的な学習サポートを提供できるという意味で重要です。サブスタも同様の技術をどの程度活用しているかを比較することが重要です。
  • 比較ポイント:サポート機能とリアルタイム履歴管理
    質問機能やリアルタイム履歴管理は保護者との連携を強化し、学習の進捗を透明化する上で役立つ機能。これに対して、サブスタも同様の機能がどのように提供されているかを比較することが有益です。
  • 比較ポイント:心の面へのサポート
    「すらら」が保護者とのヒアリングを通じて、子供の特性に合わせた学習計画を提案し、学習行動を理解しサポートする点は非常に心強いです。サブスタも心のサポートにどれだけ力を入れているか比較することが重要です。

総じて「すらら」は柔軟で、効果的な学習環境を提供しているように見受けられます。サブスタとの比較において、それぞれの強みや違いを詳細に把握することが最適な選択をする上で重要です。

すらら・サブスタ「受験対策」を比較

すらら・サブスタ「受験対策」を比較

すらら・サブスタ「中学・高校の受験対策」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「受験対策」の比較結果
すらら・無学年方式でどんどん先取り
・学習実績と導入校の多さ
・基礎学力の確立と先取り学習
・無学年方式での学習効果
・保護者管理画面での学習状況把握
サブスタ・4段階のステップ学習
・教科書のポイントを整理・解説
・動画学習でいつでも学習可能
・テストに出やすい問題を重点的に解く
・有名講師の映像授業

通信教育すららの受験対策における主な特徴・優位性

  • 無学年方式でどんどん先取り
    すららは無学年方式を採用しており、学年の枠にとらわれずに先取り学習が可能。これは小学校高学年から中学・高校受験に備える際に、基礎学力をしっかりと築くための柔軟性を提供。学力差がある場合でも、個別の進度に合わせて学習できることが特長。
  • 学習実績と導入校の多さ
    すららは全国817校の学習塾と174校以上の学校で導入され、6.9万人以上の生徒が利用。これには九州最大手の進学塾や近畿大学付属中学校など、難関校や有名進学塾でも導入実績あり。学習実績があるため、受験勉強に適していると言える。
  • 基礎学力の確立と先取り学習
    すららは基礎学力の確立を重視し、先取り学習をとくに推奨。中学・高校受験においては早めに基礎学習を終え、先取り学習を行うことが合格へ繋がりやすいポイント。すららはこのタイミングでの活用が効果的とされている。
  • 無学年方式での学習効果
    算数や国語などの科目は無学年方式で進められ、得意科目は進む一方で、苦手科目はじっくりと進めることが可能。この学習スタイルは子供一人ひとりの状況に合わせた学びを提供し、理解度を確認するテストも導入。また中学・高校受験に出題される、図形問題にも対策できる点が特長。
  • 保護者管理画面での学習状況把握
    すららは保護者管理画面が充実しており、子供の学習状況や履歴を詳細に把握可能。学習時間やクリアした単元、苦手な分野などが一目で確認でき、保護者との連携を強化する役割あり。褒めるポイントもわかりやすく表示され、親子のコミュニケーションをサポート。
  • 自由な学習時間と効率的な学習
    すららはオンライン教材であり、インターネット環境があればいつでもどこでも学習可能。通塾時間との兼ね合いがしやすく、短時間で効果的な学習が可能。これは受験生にとって非常に重要なポイント。
  • 中学・高校受験対策としての学習範囲網羅
    すららは中学・高校受験によく出る問題に焦点を当て、国語では読解力を、算数では問題演習を通じて応用力修得には1190時間が必要。しかし、すららであれば365時間で完了。春から始めれば1日20分で、夏休みまでに2年間の学習範囲を総復習ができる。

通信教育サブスタの受験対策における主な特徴・優位性

  • 4段階のステップ学習
    サブスタは4段階のステップ学習を提供。このシステムにより、授業の予習や復習が簡単に可能。学習内容を段階的に進めることで、生徒は基礎から着実に理解を深めることができる。
  • 教科書のポイントを整理・解説
    教科書の中で重要なポイントを丁寧に整理・解説している点が特徴。授業前に学習内容を把握し、用語や重要事項を理解することを強調。これにより授業が始まる前から学習ベースを築くことができる。
  • 動画学習でいつでも学習可能
    サブスタでは映像で、分かりやすく解説された説明シートを提供。生徒は24時間いつでもオンラインで視聴が可能で、予備校講師による映像授業を通じて理解を深めることが可能。映像学習は授業を見ているかのような臨場感を提供し、効果的な学習が期待できる。
  • テストに出やすい問題を重点的に解く
    出題率の高い問題をまとめており、学校のテストでよく出る問題に焦点を当てる内容。確認問題を解くことで理解度を試し、赤ペン解説動画を通じて復習が可能。これによりテスト対策が効率的に進む。
  • 有名講師の映像授業
    現役塾講師による映像授業は、赤ペンや音声を活用して1問1問ていねいに解説。これにより家庭学習でも専門的でわかりやすい指導を受けることができ、理解度向上に寄与する。
  • 無学年式教材
    サブスタは無学年式教材を採用しており、生徒が学年にとらわれずに今必要な単元を選択して学習できる方式。これにより学年をまたいで戻り学習・先取り学習が可能であり、個々の学習スタイルに合わせた柔軟な進学対策が期待できる。

すらら・サブスタ「受験対策」比較結果の感想

SHIMIZU

「すらら」と「サブスタ」の受験対策を詳しく比較します。それぞれの特徴や優位性について、さらに詳細に掘り下げて解説します。

  • すらら
    比較ポイント:個別カリキュラムの柔軟性
    すららは生徒一人ひとりに合わせた、個別カリキュラムを提供しています。これにより、生徒の学力差や学習ペースに合わせて無理なく受験対策を進めることが可能。個別のサポートが必要な生徒にとっては、とくに有益となるシステムです。
    比較ポイント:コミュニケーションツールの活用
    すららでは生徒と保護者が、教材の進捗や受験対策の学習状況を確認できるコミュニケーションツールが提供されています。保護者との連携が密になり、生徒の学習を家庭と学習塾で共有できるため、サポート体制が強化されているといえる通信教材です。
    比較ポイント:自立学習力の向上
    通信教育すららは、子供が自立学習力を養うことを重視。受験対策の進学目標を自ら設定し、その目標に向けて自己管理や計画を立てることが奨励されます。これにより、将来的な学習への積極的な姿勢を養うことが期待されます。
  • サブスタ
    比較ポイント:段階的な学習進行
    サブスタは4段階のステップ学習を導入しており、子供は学習内容を段階的に進めます。基礎から着実に理解を深めることができ、受験対策としての学習の積み重ねが順調に進みます。
    比較ポイント:映像授業と問題演習の組み合わせ
    サブスタでは、映像授業と問題演習が組み合わさっています。映像学習は生動的で理論を理解しやすくし、問題演習は実践的な力を養う役割を果たします。理論と実践の両面から学習が進むため、総合的な理解が期待できます。これが受験対策に強みを発揮しています。
    比較ポイント:テスト対策の焦点
    サブスタは学校のテストに出やすい問題に焦点を当てています。出題されるパターンを押さえた問題が提供され、生徒はテスト対策を効果的かつ効率的に進めることが可能。これにより、具体的な受験対策がより明確になります。
  • 比較と感想
    比較ポイント:個別対応 vs. 一律進行
    すららは個別に合わせた受験対策カリキュラムを提供しており、生徒のニーズに柔軟に対応。一方でサブスタは段階的な進行が中心で、一律の進行となります。生徒の学習スタイルやニーズによって、どちらが適しているかが異なります。
    比較ポイント:コミュニケーションツール vs. 映像授業と問題演習
    すららはコミュニケーションツールが充実していますが、サブスタは映像授業と問題演習が特徴。どちらも異なる観点から学習支援を行っており、生徒がどのようなサポートを求めるかで選択が変わります。受験対策において、どの方法がより有効であるかを考慮する必要があります。
    比較ポイント:自立学習 vs. テスト対策の強化
    すららは自立学習力の向上に焦点を当てていますが、サブスタは特にテスト対策に強みがあります。子供の学習目的や進路によって、これらのアプローチのどちらが適しているかが異なります。受験対策として将来的な学びに対するスキル向上と、具体的な試験対策の両方を考慮することが肝要です。

すらら・サブスタ「学習効果」を比較

すらら・サブスタ「学習効果」を比較

すらら・サブスタ「期待できる学習効果」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「学習効果」の比較結果
すらら・個別カリキュラムによる柔軟な学習ペース
・コミュニケーションツールの活用と保護者連携
・自立学習力の向上と学習目標の自己設定
・カリキュラムの幅広さと多様な教材提供
・インタラクティブな学習体験と動画・クイズの活用
サブスタ・ステップ学習による段階的な予習復習
・教科書ポイントの整理・解説
・動画学習と問題解決の組み合わせ
・テストに焦点を当てた学習
・有名講師による映像授業

通信教育すららの学習効果における主な特徴・優位性

  • 個別カリキュラムによる効果
    柔軟な学習ペース
    すららは個別の学習ペースに対応するため、生徒は自身の理解度や進捗に合わせて学習可能。これにより基礎から着実に学習を進め、理解の定着を促進。個別対応により、生徒が無理なく受験対策を進めることが期待できる。
  • コミュニケーションツールの活用
    保護者との連携
    すららではコミュニケーションツールが提供されており、保護者との連携が強化。保護者が生徒の学習状況を把握しサポートすることで、子供は安心感を持ちながら学習に取り組むことが可能。これにより家庭と学習塾が連携した、効果的な受験対策が期待できる。
  • 自立学習力の向上
    学習目標の自己設定
    すららは生徒に学習目標を自ら設定させ、その目標に向けて計画的な学習を奨励。子供が自ら進学目標を定め、そのために自己管理や計画を行うことで、将来的な学びに対する自立学習力を向上。これは受験対策だけでなく、将来の学習においても重要なスキル。
  • カリキュラムの幅広さ
    多様な教材提供
    すららは幅広い教材を提供しており、中学生が必要な様々な教科をカバー。これにより子供は幅広い知識を身につけることができ、受験対策だけでなく、中学の学習全体にわたって基礎学力を向上させることが期待できる。
  • インタラクティブな学習体験
    動画やクイズの活用
    すららでは動画やクイズを活用して学習を実施。これにより教科書だけでは難解な内容も分かりやすく解説され、生徒はより深い理解を得ることが可能。インタラクティブな学習体験が、受験対策においても効果的な理解を生み出す。
  • 効果的な進捗管理
    学習の進捗確認
    すららのシステムでは、子供の学習進捗を徹底的に管理。これにより子供や保護者は進捗状況を確認し、必要に応じて調整を行うことが可能。効果的な進捗管理が、受験対策において計画的かつ効率的な学習をサポートしてくれる。

通信教育サブスタの学習効果における主な特徴・優位性

  • ステップ学習による効果
    段階的な予習復習
    サブスタでは、4段階のステップ学習を提供。このアプローチにより子供は徐々に難易度を上げながら授業内容を理解し、予習と復習を効果的に進めることが可能。ステップ学習により確実な学習の定着が期待され、受験対策において基礎固めができる。
  • 教科書ポイントの整理・解説
    重要ポイントの丁寧な解説
    サブスタでは、教科書の重要なポイントを整理・解説。子供は教科書内での重要事項を見落とすことなく、サブスタの解説によってより理解を深めることが可能。このアプローチは受験対策において、重要な要素を見逃さず押さえるのに役立つ。
  • 動画学習と問題解決
    映像での分かりやすい解説
    サブスタでは説明シートを、予備校講師が映像で分かりやすく解説。映像学習により、子供は抽象的または難解な概念をより具体的に理解可能。また映像学習の後は問題解決に移り、実践的な理解を深めることができる。このプロセスは受験対策において、理論と実践の両面で強化されることに寄与。
  • テストに焦点を当てた学習
    テスト頻出問題の解説
    サブスタでは、学校のテストで出やすい問題を優先的に提供。子供はこれらの問題に重点を置いて解くことで、受験において必要な知識とスキルを効果的に獲得可能。出題頻度の高い問題への集中的な取り組みは、受験本番において自信を持って対応できることが期待される。
  • 有名講師による映像授業
    現役塾講師による分かりやすい解説
    サブスタでは、有名講師による映像授業を提供。これにより、子供は教科書や学校の授業では理解しづらい部分も、講師の解説によってより明確に理解可能。有名講師の解説は、受験対策において高い指導力が期待される。
  • 無学年式教材の柔軟性
    学年をまたいだ戻り学習・先取り学習
    サブスタは無学年式教材を採用しており、学年に関係なく必要な学年の単元を学習可能。これにより子供は自身の理解度に合わせて、戻り学習や先取り学習が可能。とくに受験対策において、過去の学年の基礎固めや未習の単元の補強が柔軟に行える。

すらら・サブスタ「学習効果」比較結果の感想

SHIMIZU

すららとサブスタの学習効果について比較した結果、以下の感想が得られます。

  • 比較ポイント:学習段階化と計画性
    すららは4段階のステップ学習を提供し、授業の予習・復習が容易です。これにより生徒は学習の進捗を把握しやすく、計画的な学習が可能。一方サブスタも無学年式教材であり自由度が高いため、学習の段階化や計画性においても柔軟性があります。
  • 比較ポイント:学習形式と問題解決の連動
    すららは動画学習を重視しており、予備校講師による映像で学習をサポート。これにより理解を深めるだけでなく、問題解決にも直結します。一方サブスタも映像授業があり、問題ページへのジャンプが可能。学習と問題解決が連動し、効果的な理解が期待できます。
  • 比較ポイント:テスト対策の充実度
    すららは「学校のテストによく出る」問題を重点的にまとめており、赤ペン解説動画で理解度を確認できます。これがテスト対策に直結し、効果的な学習が期待できます。サブスタも学習の復習がテスト対策につながる構造を持っており、学習内容がテストに出やすい問題に焦点を当てています。
  • 比較ポイント:講師の専門性と指導力
    すららでは有名講師の映像授業があり、その分野の専門性が生かされています。講師の解説は分かりやすく、家庭教師のようなサポート感があります。一方、サブスタもプロ講師がていねいに解説する映像授業が特長であり、学習において高い専門性と指導力が期待できます。
  • 比較ポイント:学習プランの柔軟性
    すららは毎月学習アドバイザーが学習スケジュールを作成し、生徒に提供します。これにより生徒や保護者は適切なペースで学習が進められます。サブスタも無学年式であり、学年をまたいで戻り学習・先取り学習が可能。学習プランにおいても柔軟性があります。
  • 比較ポイント:総合的な感想
    すららとサブスタはいずれも学習の段階化や計画性、学習形式と問題解決の連動、テスト対策の充実度、講師の専門性と指導力、学習プランの柔軟性といった点で優れた特徴を持っています。子供の学習スタイルやニーズによりますが、どちらも高い学習効果が期待できると言えます。最終的な選択は子供や保護者が重視する要素によりますが、どちらも受験対策において十分なサポートが得られる通信教育です。

すらら・サブスタ「長所と短所」を比較

すらら・サブスタ「長所と短所」を比較

すらら・サブスタ「長所と短所」を比較して、最後に私たちの

感想を口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「長所と短所」の比較結果
すらら
おもな
長所
・学年にとらわれず、生徒は自分のペースで学べる。
・アニメキャラクターによる対話型レクチャーは視聴者の興味を引き、多感覚学習を促進。
・AIが学習の難易度を自動調整し、ゲームドリルを通じて楽しみながら学ぶことができる。
・学力の把握が容易で、補助が必要な分野が特定でき、学習計画の立案に役立つ。
・ゲーミフィケーションがやる気、報酬や競争要素が学習にポジティブな影響を与える。
おもな
短所
・一部の保護者は進学や進級の目安がないことに不安を感じる可能性がある。
・一部の生徒にとっては対話型が合わない場合があり、効果が制限される可能性がある。
・テストに対するストレスが生じ、学習意欲が低下する可能性がある。
・一部の保護者にとっては余分なサポートが必要ない可能性がある。
サブスタ
おもな
長所
・プロの学習アドバイザー作成の学習計画表で個別進度に基づく柔軟なスキマ学習が可能。
・月額制のサブスクリプションで有名講師の授業を手軽に受けられる。
・プロの学習アドバイザーがサポートし、1日20分でも効果的な学習が可能。
・有名予備校講師の授業や学習計画表により、全学年の学習内容を網羅。
おもな
短所

・個別対応のため計画変更や調整に時間を要する可能性があり即対応が難しいことがある。
・一部の生徒にとっては、自己モチベーションの維持が難しい場合がある。
・個々の理由によって効果が異なり、全ての生徒に同じように適用できるわけではない。

通信教育「すらら」の長所と短所

  • 無学年方式の採用
    長所:子供たちは学年に縛られず、自分のペースで学べる。これにより、速度の差による競争やストレスが軽減され、個別の理解度に合わせた学習が可能。
    短所:一部の保護者は進学や進級の目安がないことに不安を感じる可能性があり、学力の評価が難しいこともある。
  • 対話型のレクチャー
    長所:アニメキャラクターによる対話型レクチャーは、視聴者の興味を引きつけやすく、多感覚学習を促進。子供たちにとって理解しやすい要素が組み込まれている。
    短所:対話型が合わない子供もいる可能性があり、一部の生徒にとっては効果が制限される可能性がある。
  • AI搭載型ドリル
    長所:学習の難易度を自動的に調整する機能やつまずき分析機能があり、個別に合わせた学習が可能。ゲームドリルは楽しみながら学ぶことができ、学習意欲を高める。
    短所:AIが完璧に個々のニーズに対応できない場合があり、個別のサポートが必要な生徒もいる可能性がある。
  • 学力を測定する診断テスト
    長所:学力の把握が容易で、個別の補助が必要な分野が特定できる。学習計画の立て直しに役立つ。
    短所:テストに対するストレスが生じる可能性があり、その結果、学習意欲が低下することがある。
  • ゲーミフィケーション
    長所:子供たちのやる気を引き出す工夫があり、学習が楽しさと結びついてモチベーションが向上。報酬や競争要素が学習にポジティブな影響を与える。
    短所:一部の生徒にはゲーミフィケーションが合わない場合があり、効果が期待できないこともある。
  • 保護者を支える「すららコーチ」
    長所:保護者に対する学習サポートがあるため、家庭学習の成功確率が向上。学習計画の立案や進捗のモニタリングが行き届く。
    短所:一部の保護者にとっては余分なサポートが必要ない可能性があり、それによって負担が増すこともある。

通信教育「サブスタ」の長所と短所

  • 個別に合わせた「学習計画表」
    長所:子供一人ひとりに合わせてプロの学習アドバイザーが作成する学習計画表は、個別の進度や目標に基づき、短時間でのスキマ学習が可能。習い事や部活動のスケジュールに合わせて学習できる柔軟性がある。
    短所:個別対応のため、計画の変更や調整には時間がかかる可能性があり、即座な対応が難しいことがある。
  • 月額制のサブスクリプション
    長所:有名講師の授業を動画で受けられ、月額制のサブスクリプションで継続的に利用できる。負担なく手軽に学習が続けられる。
    短所:一定の料金がかかるため、一部の家庭にとって経済的な負担がある可能性があります。
  • 不登校生徒への対応
    長所:不登校生徒の場合、サブスタは文部科学省認定の在宅学習プログラムとして出席扱い制度を利用できる。柔軟性のある学習環境が提供され、不登校生徒にとって有益な選択肢となる。
    短所:一部の生徒にとっては、自宅学習が孤立感を生む可能性があります。
  • 1日20分の学習で学力向上
    長所:子供一人ひとりの苦手教科や習熟度に合わせて計画を作成し、1日20分の学習でも効果を出すことができる。プロの学習アドバイザーがサポートするため、習慣が身につきやすい。
    短所:一部の生徒にとっては、自己モチベーションの維持が難しい場合があります。
  • 成績アップする4つの理由
    長所:名予備校講師の授業が動画で受けられ、最適な学習時間にアクセス可能。一人ひとりに合わせた学習計画表が月ごとに作成され、柔軟な目標設定が可能。全学年の学習内容を網羅し、先取りや戻り学習ができる。間違えた問題に対する丁寧な赤ペン解説があり、理解度向上が期待できる。
    短所:個々の理由によって効果が異なり、すべての生徒に同じように適用できるわけではない。

すらら・サブスタ「長所・短所」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「長所・短所」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

すららとサブスタはそれぞれ優れた特徴を持っており、すららは無学年方式や多様な学習サポートにより、保護者と子供の双方に焦点を当てたサービスを提供。一方でサブスタは有名講師の授業や柔軟な月額制度が特徴であり、不登校生徒にも適した出席扱い制度が用意されています。

どちらも個別対応や柔軟な学習環境を強調しており、生徒のニーズに合わせた学習が可能。しかし、経済的負担や自己モチベーションの面で注意が必要。素直な感想としては、家庭や子供の状況によってどちらが適しているかは異なるため、慎重な選択が必要であると感じます。

すらら・サブスタ「料金」を比較

すらら・サブスタ「料金」を比較

すらら・サブスタ「料金体系(費用)」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「料金」の比較結果
すらら
・月額9,980円の5教科コース
・柔軟学習計画リーズナブル選択
・豊富追加サービス
・透明な海外在住者手数料
サブスタ
・手軽な月額制度
・初期費用ゼロの入会
・適切学年料金設定
・全教科含む総合コース

通信教育すららの料金における主な特徴・優位性

  • 入会金の適用範囲と金額
    特徴: 新規入会時にのみ発生する。
    優位性: 入会金は学習コースによって異なり、選択肢に合わせて柔軟な選択が可能。
  • 利用料金
    3教科(国・数・英)コース
    特徴: 月額 8,000円(税込 8,800円)
    優位性:小中コースと中高コースがあり、それぞれ学年に応じた3教科が学び放題。4ヶ月継続コースも利用可能で、一定期間の費用を抑えながら学習が可能。
    4教科(国・数・理・社)コース
    特徴: 月額 8,000円(税込 8,800円)
    優位性:小学コースでは4教科が学び放題。理科・社会は小学3年生~小学6年生範囲となる。4ヶ月継続コースも用意されており、期間を選んでの学習が可能。
    5教科(国・数・理・社・英)コース
    特徴: 月額 9,980円(税込 10,978円)
    優位性:小中コースと中高コースがあり、5教科が学び放題。英語は中学範囲からの提供、理科・社会は小学3年生~中学3年生範囲となる。
  • 4ヶ月継続コースの利用可能性
    特徴: 4ヶ月ごとにコースが用意され、月額料金が若干割引される。
    優位性: 一定期間の学習計画に合わせてリーズナブルに利用でき、柔軟な選択が可能。
  • 追加サービスの利用可能性
    特徴: 料金に含まれている追加サービスが充実しており、まとめプリントや学習管理ツールなどが利用可能。
    優位性: 利用者に対して補完的なサポートが提供され、学習効果を向上させる要素が豊富。
  • 海外在住者への手数料
    特徴: 消費税が発生しないが、手数料として入会金及び受講料の10%分が請求される。
    優位性: 海外在住者も利用可能で、手数料の透明性があります。

通信教育サブスタの料金における主な特徴・優位性

  • 月額制度
    特徴: サブスタはサブスクリプション(月額制)での受講が可能。
    優位性: 月々の支払いで柔軟に学習を続けられ、初期費用が発生しない。
  • 入会金不要
    特徴: サブスタは入会金が不要。
    優位性: 初期費用がかからないため、手軽に利用を始めることができる。
  • 学年ごとの料金設定
    小学1〜6年生
    月額(税込): 4,900円
    受講科目: 算数、国語、理科、社会
    中学1〜3年生
    月額(税込): 7,900円
    受講科目: 英語、数学、国語、理科、地理、歴史、公民
    小学生+中学生
    月額(税込): 9,800円
    受講科目: 全教科
  • 全教科の選択
    特徴: 小学生+中学生のコースでは全教科が含まれている。
    優位性: 幅広い科目にアクセスでき、総合的な学力向上が期待できる。
  • 科目の充実
    特徴: 算数、国語、理科、社会、英語、数学、地理、歴史、公民など、多様な科目が提供される。
    優位性: 学年や志望科目に合わせて必要な科目を選択でき、個別の学習ニーズに対応可能。

すらら・サブスタ「料金」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「料金(費用)」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

すららとサブスタは一見すると、どちらも有益な通信教育プログラムのように思われます。ただし、いくつかの異なるポイントがあります。

  • 比較ポイント:すらら
    ・幅広い学年や教科に対応した柔軟なプランが提供されている。
    ・すららコーチによる学習計画サポートがあるため、家庭ごとのニーズに合わせた学習が期待できる。
    ・全国の学習塾や私立学校が導入している実績があり、信頼性が高い印象。
  • 比較ポイント:サブスタ
    ・シンプルで分かりやすい月額制度で、入会金が不要。家庭の負担を軽減できる。
    ・幅広い学年や科目が含まれており、小学生から中学生まで一貫して利用できる。
    ・不登校の子供に対して出席扱い制度が提供され、柔軟性が感じられる。
  • 総合的な比較の感想
    ・すららは学習計画のサポートや継続コースの割引が強みで、家庭のサポートを期待できる。
    ・サブスタはシンプルで手軽に利用でき、不登校の子供に対する特典が家庭にとって心強い。

どちらを選ぶかは、家庭の具体的なニーズや子供の学習状況によります。

サポートが欲しいか、手軽に利用したいか、学年や科目の範囲が重要か

などを検討して最終的な比較選択をするとよいかと思います。

すらら・サブスタ「運営会社」を比較

すらら・サブスタ「運営会社」を比較

すらら・サブスタ「運営会社」を比較して、最後に私たちの感想を

口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「運営会社」の比較結果
すらら
商号株式会社すららネット
設立年月日2008(平成20)年8月29日
本社所在地〒101-0047
東京都千代田区内神田1-14-10 PMO内神田7階
サブスタ
商号株式会社lean earns(リーンエンズ)
設立年月日2015平成27年11月18日
本社所在地〒103-0027
東京都中央区日本橋2丁目2-3 RISHEビルUCF 4F

すらら・サブスタ「会社概要」比較結果の感想

SHIMIZU

すらら・サブスタの「運営会社」を比較した結果から見えた、私たちの口コミ情報になります。

すららとサブスタは、通信教育を提供する企業としては異なる特徴を持っています。

  • すらら
    ・2008年に設立され、歴史が比較的長い。
    ・本社が東京都千代田区にあり、都心に拠点を持つ。
    ・学習計画のサポートやコーチングなど、学習者と保護者に寄り添ったサポートが強化されている。
  • サブスタ
    ・比較的新しい企業で、2015年に設立された。
    ・本社が東京都中央区にあり、都心に位置する。
    ・手軽でシンプルな月額制度が特徴で、不登校生徒のサポートに力を入れている。
  • 総合的な感想
    ・すららは歴史があり、学習計画のサポートに力を入れている印象。保護者との信頼関係の構築を強調している。
    ・サブスタは新しく、手軽な月額制度が特徴。不登校生徒のサポートにも注力している。

どちらを選ぶかは企業の歴史や信頼性、提供されるサービスの特徴によります。比較選択の際には、家庭ニーズや学習者の状況を考慮することが重要です。

すらら・サブスタ各おすすめの子供(家庭)

すらら・サブスタ各おすすめの子供(家庭)

すらら・サブスタ「おすすめの子供(家庭)」をピックアップして、

最後に比較結果から私たちの感想を口コミとして述べます。

すらら・サブスタ「おすすめの子供(家庭)」の比較結果
すらら
・中学受験・高校受験対応学習サポート
・不登校・発達障害児に柔軟対応
・勉強嫌いな子供のモチベーション向上
サブスタ
・多教科にわたる総合的な学習が可能
・月額制度で柔軟な学びを実現
・小中学生の基礎学力強化に適した受講体系

通信教育すららがおすすめの家庭

  • 中学受験および高校受験を見据えた学習サポート
    「すらら」は中学受験の段階から始めることで、早い時期から基礎学力を確立できます。同時に、高校受験にも対応した学習が可能であり、子供が中学から高校への進学に備えて確実に学べるようサポート。総合的な学習サポートを通じて、受験に自信を持って挑む子供に向いています。
  • 不登校や発達障害のある子供に対応可能
    「すらら」は無学年方式を採用しており自宅学習が主体です。この柔軟な形態は不登校の子供や発達障害のある子供に対応するために適しています。学習進度を子供のペースに合わせ、個別のニーズに焦点を当てたサポートを受けられます。特別支援学級や特別支援学校での利用実績もあり、多様な状況に対応します。
  • 勉強嫌いな子供にもモチベーション向上のサポート
    「すらら」は毎日の学習で、成功体験を提供する教材を導入。これは勉強嫌いの子供に対してモチベーションを高め、学習意欲を引き出す一助となります。また学年や学期ごとの理解度や実力を個別に判定し、適切な学習設計を行うことで、子供が自身の進度に合わせて学ぶことができます。

通信教育サブスタがおすすめの家庭

  • 小学生から中学生向けの基礎学力強化が必要な子供
    小学校高学年から中学校低学年の子供で、算数や国語の基礎学力をしっかりと身につけたい場合。サブスタは算数、国語、理科、社会などの主要科目に対応しており、月額制で気軽に受講できるため基礎学力の定着を目指す子供に適しています。
  • 多教科にわたる総合的な学習を望む子供
    中学生で英語、数学、国語、理科、地理、歴史、公民といった多岐にわたる科目をバランスよく学びたい場合。サブスタは小学1年生から中学3年生までの全教科に対応しており、月額料金による受講体系で広範かつ総合的な学習が可能です。
  • サブスクリプションで柔軟に学ばせたい家庭
    定期的な受講料を支払い、柔軟に学習できる環境が必要な場合。サブスタはサブスクリプション制度で、家庭の予算や子供の進捗に合わせて柔軟に受講ができるため、無理なく学び続けることができます。
  • 家庭学習を進める上で保護者が進捗を確認したい家庭
    子供の学習進捗や苦手科目を把握し、サポートしたい保護者。サブスタは保護者管理画面が充実しており、学習時間やクリアした単元や苦手分野などが一目で確認できるため、保護者が子供の学習をサポートするのに適しています。

すらら・サブスタ「おすすめ家庭」比較結果の感想

SHIMIZU

通信教育サービス「すらら」と「サブスタ」を比較してみると、それぞれ特徴があり、選択の際には家庭のニーズや子供の学習スタイルに合わせて考慮する必要があります。

  • すらら
    比較ポイント:広範な学習範囲
    すららは全国817校の学習塾や174校以上の学校で導入されており、広範な学習範囲に対応。幅広い学年や科目にわたる「無学年方式」が特徴で、子供一人ひとりの進度に合わせて柔軟な学習が可能です。
    比較ポイント:中学受験対策に強い
    中学受験を目指すお子さまに向けて、基礎学力を重視した学習ができる点が魅力。先取り学習や保護者管理画面が、毎日の勉強および中学・高校受験対策において効果的なサポートを提供しています。
  • サブスタ
    比較ポイント:月額制で手軽に始められる
    サブスタは月額制度で、入会金が不要。したがって手軽に始められる仕組みがあります。月額料金体系は学年や科目ごとに異なり、家庭の予算や子供の学習ニーズに合わせて選択できます。
    比較ポイント:小中学生向けの幅広いプラン
    算数、国語、理科、社会といった主要科目に加え、中学生向けに英語、数学、地理、歴史、公民なども対象としたプランが提供されています。
  • 比較した感想
    比較ポイント:学習範囲と学年の適応度
    すららは全教科にわたる学習が可能で、とくに中学・高校受験へ対応した学習が強み。一方で、サブスタは月額制度で手軽に始めることができ、主要科目にフォーカスしたプランが用意されています。
    比較ポイント:月額制度の柔軟性
    サブスタの月額制度は、予算や学習の進捗に合わせて柔軟に選択できる利点があります。どちらも手軽に始めやすい点が共通しています。
  • 選び方のポイント
    比較ポイント:学年や学習範囲
    すららは中学受験に強い一方で、サブスタは主要科目に特化。子供の学年や学習範囲(目標)に応じて選択することが重要です。
    比較ポイント:月額制度の利便性
    家庭の予算や学習の進捗に合わせて選択したい場合は、サブスタの月額制度が柔軟で利便性が高いです。

総じて、どちらも子供の学習スタイルや家庭の状況によって適したサービスが

異なるため、家庭ごとのニーズに合わせて検討するとよいでしょう。

すららとサブスタの比較まとめ

SHIMIZU

この記事では、「すらら」と「サブスタ」を10項目で徹底比較しました。

これらの通信教育プログラムはそれぞれ特長や違いがあり、記事を通じて家庭が抱える、さまざまな悩みに対する比較方法および解決策を少しは提示できたかと思います。

すらら

  • 基礎学力の構築にフォーカス
    すららは基礎学力の強化に特に力を入れており、先取り学習に適しています。
  • 中学受験や高校受験対策に対応
    すららは中学受験や高校受験にも対応しており、幅広い学年に対応しています。
  • 家庭の学習環境を整える
    すららは家庭の学習環境を整えることができ、無学年式で各自進度に合わせた学習が可能です。
  • 勉強嫌いに効果的な学習サポート
    すららは学習の成功体験を重ね、勉強嫌いの子供にも効果的なサポートが期待できます。
  • 不登校や発達障害の子供にも対応
    すららは不登校や発達障害の子供にも対応し、自宅での学習が可能です。

サブスタ

  • 通信教育の進化
    サブスタは新しい形の通信教育であり、柔軟な学習プランや月額制の受講料が特徴です。
  • 月謝制度で負担軽減
    サブスタは月謝制度であり、費用を月ごとに支払うことで経済的な負担を軽減できます。
  • 子供の学習進度を柔軟に管理
    サブスタは柔軟な学習管理が可能であり、子供の進捗状況をリアルタイムで確認できます。

この比較記事が、家庭の抱えるさまざまな悩みに対する解決策を提示し、すらら・サブスタにおける適切な選択をサポートできれば幸いです。

私たちの実体験レビューはこちら。

textbook-compliant

→ 【我が家の体験談】すららの口コミレビュー

 

タイトルとURLをコピーしました