すららと文部科学省2つの関係「不登校施策」「大臣賞」を徹底解説

すららと文部科学省の関係「大臣賞」 基礎知識

すららは文部科学省と深い関係のある通信教材で、おもに「不登校支援」「文部科学大臣賞」という2つが挙げられます。このすららと文部科学省の関係について詳しく解説をします。

すららと文部科学省の関係「不登校施策」

すららと文部科学省の関係「不登校施策」

すららと文部科学省の関係1つ目が「不登校施策」です。この施策は不登校の中学生に対して「学校を出席扱いにする」という支援です。

この支援は文部科学省の実施する不登校児童生徒への支援の在り方についての一環で、不登校児童生徒が自宅学習においてIT等を活用した学習活動を行った場合に適用されるというものです。

つまり「家庭学習にインターネット教材を使う」ことで、学校を出席扱いにできるというもの。

ただしIT学習(インターネット教材)であれば何でもOKというわけではなく、きちんと文部科学省が推奨する学習教材を使用しなければ認められません。

また学習指導員との面談なども必要となるため、まずは対人恐怖となっている精神状態に対応することからこの施策を考えることが重要です。

 参考 すららで出席扱い!?不登校の子供でも学校に行ったことになる施策って?

すららと文部科学省の関係「大臣賞」

すららと文部科学省の関係「大臣賞」

すららは2012年日本eラーニングアワードにおいて「日本eラーニング大賞 文部科学大臣賞」を受賞している通信教材です。教育部門最高峰の賞ともいわれています。

この「文部科学大臣賞」の受賞には成績を上げるために必要な「理解・定着・活用」といった要素を満たされている必要があり、機能面を中心に正しい教育へつながる教材として認められた証になります。

このような文部科学省に関連した受賞歴もあることで先ほどご紹介した「不登校施策」でもすららは推奨されており、健常児から発達障害のある中学生まで広くカバーできるインターネット教材になります。

またeラーニングアワードを受賞する学習教材は時折見かけますが、すららのように「文部科学大臣賞」を受賞している学習教材はかなり稀というのが私たちの口コミです。

まとめ

すららと文部科学省の関係について2つのポイントをご紹介してきました。かなり優秀な教材ということが分かっていただけたかと思います。

私たちも中学生の子供に、家庭学習としてすららを利用してきました。

実際にすららで勉強をさせてみると子供自身が食いつくように取り組む姿や、私たちが見ても「かなりわかりやすい」と感じるほどの映像授業で確実性の高い家庭学習ができる教材です。

また文部科学大臣賞だけではなくほかに数多くの受賞歴もあることから、中学生にピッタリの勉強を実践できる通信学習ということがわかります。

特許取得「すらら独自のつまずき診断システム」

さらに特許を取得している、すらら独自の「つまずき診断システム」など。

毎日の学習のなかで間違った箇所を「分野」で一覧表示してくれるため、自分でさかのぼって苦手箇所を見つけ出す必要がないため時間効率も大幅にアップします。

すららは文部科学大臣賞をはじめ、さまざまなおすすめ機能を備えた通信教育。

もしすららでダメだったら、ほかの教材でもきっとダメ。

それくらい優秀な通信学習なので、私たちもかなりおすすめと口コミできる教材です。

自分

我が家のすらら体験談

すらら 体験

すららの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました