お得情報
今月いっぱい(~7/31)まで入会金0円のキャンペーン中です。

詳細はこちら➝http://surala.jp

すららのアダプティブラーニングとは?メリットや使われ方について

すららのアダプティブラーニングとは?メリットや使われ方について すらら基礎知識
新型コロナ対策におすすめ
すららは専用タブレットではなく「自宅のパソコンやタブレット」を使うので、外部接触ないまったく安全な家庭学習ができます。

こんにちは!お子さんの受験勉強は順調に進んでいますか?

私たち家族が実際に使ってみた通信教育すらら口コミ体験レビューです。

ここでは、

すららのアダプティブラーニングとは?メリットや使われ方

について記しています。

  • すららのアダプティブラーニングとは何よ?
  • アダプティブラーニングにはどんなメリットがあるの?
  • すららのアダプティブラーニングってどんな使われ方をしているもの?

そんな疑問を解消できるよう詳しくお伝えします。

すららのアダプティブラーニングとは?

すららのアダプティブラーニングとは?

これまでの教育をより子供に沿ったものにする最新システムです。

アダプティブラーニング(Adaptive Learning)とは、生徒の理解度や学習進捗度などに合わせて学習内容を調整。子供1人1人に見合った最適な教育を実現する仕組みです。

 

基本的にはインターネットを通じた”e-ラーニング形態”であることが一般的で、IT技術を応用し子供の特性に合わせた学習内容・レベル調整が行われます。

卓越した能力を持つ先生が、無意識のうちに行っていたような子供への分析を数値化。

すらら アダプティブラーニング

データとして客観視できるようにすることで、どの学習環境においても子供に”最適な方法”を導き出せるよう期待されています。

従来では先生の質によって左右される面もあった教育の場において、1人1人にあった質の高い教育が行われると同時に、教育内容の客観的な分析が行えるようになります。

 

もちろんアダプティブラーニングとて完全ではありません。

学習内容や出題レベルの調整、といったことだけが教育ではありません。

すらら アダプティブラーニング

アダプティブラーニングシステムの運用や改善といった”ソフトウェア課題”から、子供のモチベーションの管理などメンタル面での支援管理などは人間の役割として残ります。

すららのアダプティブラーニングがもたらすメリットを正しく理解して、実際の活用事例から正しい運用方法を知った上で取り入れるとより効果的な勉強が実現します。

すららがアダプティブラーニングであるメリット

すららがアダプティブラーニングであるメリット

アダプティブラーニングがもたらすメリットは5つあります。

  • 学習効率の向上
  • 学習効果の客観的分析
  • 学習リソースの更新性
  • いつでもどこでも学べる学習環境の構築
  • 学習者とのコミュニケーション機能

などが挙げられます。

学習効率の向上

入学試験など記憶が重要になる試験において”忘却曲線の理論”を活用した復習システムを繰り込むことによって、着実に学習効果を高めることが期待できます。

また受験勉強以外にも、企業における新入社員への業務知識の習得や実務研修(例えばプログラミングなど)においても応用することができます。

学習効果の客観的分析

すららのアダプティブラーニングでは、学習内容や学習結果をログなどで数値化することができます。

そのため学習者が自ら自己分析したり、学習提供者側がアダプティブラーニングの適合具合を客観的に判断して、改善に臨めるなどのメリットがあります。

学習リソースの更新性

ビジネスの現場において情報のスピードは重要です。

学校などテキスト主体の学習と比較してオンライン学習が中心となるアダプティブラーニングでは、常に最新の情報を活用した教育を行うことができます。

学習環境の構築

オンライン学習は本社・支社問わず、離れていても高品質な教育をだれもが受けられることを可能とします。

場所によって教育方法や内容が違うといった齟齬を無くし均一的な教育が行えるほか、学習効果の分析などを一元管理することが容易になります。

学習者とのコミュニケーション

すららはアダプティブラーニングによる個人個人に最適化された教育によって高い学習効果が期待でき、結果的に前向きなフィードバックが増加することが期待できます。

アダプティブラーニングはどんなふうに使われている?

アダプティブラーニングはどんなふうに使われている?

今後の教育現場で主流となっていくシステムです。

アダプティブラーニングは2010年ごろから活発に研究開発されるようになりました。

特にアメリカでは導入が盛んで、EdSurgeが行った調査によれば2016年2月時点ですでに”24種類”ものアダプティブラーニングサービスが存在しています。

日本においても、経済産業省の実証実験事業「未来の教室」が展開されており、事業者として採択されたCOMPASSは東京都千代田区立麹町中学校の協力で「教科学習(授業)の効率化と応用とのサイクルの実証」を実施すると発表しました。(2018年7月24日)

 

学校内で行われるアダプティブラーニングでは、AI型タブレット教材が使用され、現実にどれくらいの学習効率性が出るのか試されることになっています。

すらら アダプティブラーニング

実証実験の期間は2018年9月~2019年2月までとなっており、検証にはSTEAM学習と呼ばれるVR(仮想現実技術)や3Dプリンタ、ドローンといった次世代技術について学ぶ実学的な学習も盛り込まれています。

同社のAI型タブレットでは生徒が出題に対して間違えた場合に、出題レベルや問題内容を調整し学習効率が向上されるよう設計されています。

回答時間や正答率などの可視化、生徒とのコミュニケーションにも活用されています。

紙媒体では難しかったアニメーションによる詳細な解説や、ゲーム性を感じられる出題によって興味関心が惹かれやすいよう工夫されているのも特徴的です。

ノートと同様にペンを使って記述することもでき、まさしく次世代の教育現場を垣間見れる事業となっています。

すららのアダプティブラーニングとは?メリットや使われ方まとめ

すららのアダプティブラーニングとは?メリットや使われ方まとめ

ここまでをまとめておきます。

教育をより子供に沿ったものにする最新システム。

➝これまでよりさらに子供に合った勉強ができます。

メリットは便利で確実な勉強を目指すもの。

➝確実性の高い勉強が実現します。

使われ方は今後の教育現場で主流となっていくシステム。

➝学校でも使われるため慣れておく意味でもおすすめです。

ということでした。

この中でも大切なのは子供にとって確実な勉強になるということです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

うちの結果は‥

すらら 体験

すらら体験レビュー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました